イタリア基本情報

アクセス・交通

アクセス・交通

旅の交通手段と基本情報

イタリアへ、日本からは飛行機で最短12時間。国内は飛行機、列車、船など、目的別に様々な方法で移動できます。

基本的な交通用語のご案内

 
各交通サイト内では、イタリア語だけで記載されている場合もあります。以下の基本用語例をご参考ください。

Data
日付(日/月/年)
Ora
時間
Orari
時刻表
Ricerca Orari
時刻検索
Da〜
〜から
A〜
〜まで
Partenza
出発地
Destinazione
目的地
Arrivo
到着地
Andata
行き
Ritorno
帰り
Linea
ライン、番
Regionale
地域の
Nazionale
国内の
Coincidenza
乗り継ぎ接続
Cerca/Cercare
検索
Ricerca
検索
Annulla/Annullare
キャンセルする
Cancella/Cancellare
キャンセルする
Incluso
〜を含む
Escluso
〜を除く
Fermata
停車
Lun/Lunedi
月曜
Mar/Martedi
火曜
Mer/Mercoledi
水曜
Gio/Giovedi
木曜
Ven/Venerdi
金曜
Sab/Sabato
土曜
Dom/Domenica
日曜
F/Feriali
平日(月〜土曜)
Festivi/H/Holiday
日・祝日
Giornaliera/G/Tutti
毎日
S/Scolastica
学校開校期間
Est/Estivo
夏季
Inv/Invernale
冬季
ヴェネツィア・マルコ・ポーロ空港

ヴェネツィア・マルコ・ポーロ空港

日本からイタリアまでの所要時間は約12時間(ミラノへのノンストップ便)。アリタリア−イタリア航空が日本(成田、関西空港)からノンストップ便を定期運航しています。
発着空港は、ローマのフィウミチーノ空港とミラノのマルペンサ空港、2014年4月よりヴェネツィア・マルコ・ポーロ空港も(2015年3月28日)。イタリア国内はアリタリアーイタリア航空他数社が国内便を運航、イタリア各地を結んでいます。

その他、ヨーロッパを経由する様々な航空会社の飛行便を利用することができます。
またイタリア国内の移動に関しても、各地に空港が整備され、複数の航空会社が運行しています。そのため、旅程に合わせ、ご希望の日程、時間帯の飛行機を探すことも可能です。

AlitaliaAlitalia
Meridiana
Airone
Airdolomiti
Blu Express
Skybridge Airops
*各サイトは航空会社により運営されており、内容は全て英語で記載されております。サイト上でのご購入、キャンセルポリシー、Low cost便の条件、運航詳細などに関わるお問い合わせは、各航空会社へ直接お願いいたします。
*地図を参照ください。

列車の旅
イタリアの列車事情は?

trainイタリアを旅するには欠かせない列車。国内のほぼ全域に渡っているため、移動にはとても便利です。イタリア国内の列車運行の9割以上は旧国鉄のTrenitalia社で、その他が私鉄列車となります。

列車の種類は?

Trenitalia社の場合、主な列車の種類:普通(Locale)、鈍行(R、Regionale)、特急(IC、IntercityまたはEC、Euro City)など。高速特急には、Freccia Argento(フレッチャ・アルジェント)、Freccia Bianca (フレッチャ・ビアンカ)、時速300kmを出すことのできるFreccia Rossa(フレッチャ・ロッサ)などの車種があります。
イタリア幹線を運行する新会社NTVは全車特急イタロItalo。こだわりのフェッラーリの赤が目印。

トレニタリア社、フレッチャ・ロッサ

トレニタリア社、フレッチャ・ロッサ


列車の時刻表はありますか?

時刻表は、大手書店にて入手可能な、欧州列車各線の時刻表(旧トーマス・クック)、現地のキオスクや新聞スタンドで購入できますが、各社ともインターネットで検索することができます。
トレニタリア社(イタリア語・英語対応)のホームページにて乗車地、目的地、日付、時間帯を指定して検索すると、時刻が表示され右端にカートのマークがある列車につきましては料金も確認できます。

NTV社、イタロ

NTV社、イタロ

NTV社

特急イタロ (イタリア語・英語対応) 同様に検索・購入もできます。

周辺のヨーロッパ諸国とをつなぐ国際列車の時刻検索はできますか?

イタリア周辺のヨーロッパ各地からも列車でのアクセスが可能で、各国列車を運行するサイトから、時刻表検索が可能です。国際列車の場合、列車によっては予め予約が必要なものもありますのでご注意ください。

スペインから : www.elipsos.com
フランスから :  www.sncf.com
ドイツから : reiseauskunft.bahn.de / www.dbitalia.it
スイスから : www.sbb.ch / www.cisalpino.com

*サイトは各鉄道会社により運営されており、内容は全て英語で記載されております。サイト上でのご購入、運行詳細などに関わるお問い合わせは、各鉄道会社へお問い合わせください。

刻印機の例

刻印機の例


乗車前に注意することはありますか?

日本のように改札がありません。必ず駅構内・ホームに設置されている黄色い自動検札機(写真右)にチケットをいれて、日時の刻印をしましょう。挿入した時、音がして印字されたことを確認下さい。乗車券の刻印を忘れると罰金対象となるので注意!E-チケットでの乗車やNTV社など全席指定席の列車の場合など刻印不要の場合もあります。

また発車ホームは直前に変更になることもあるので、駅のPartenze(出発)/Arrivi(到着)の電光(モニター)表示を確認の上ご乗車下さい。
「TRENITLIA PASS」などの利用の際には、窓口で使用開始日のスタンプを受けることが必要です。

チケットはどこで買えますか?

各駅にはチケット売り場窓口があります。相談しながら購入したい方は、こちらをご利用がお勧めです。ただ、対応がイタリア語のみになることが多いため、お手元に希望行程・時間などをお控え頂くと安心です。窓口は込み合うことも多いので時間の余裕をもって。
またチケットは、自動券売機で購入することもできます。操作は英語になりますので、内容を確認の上ご利用ください。
その他、利用にあたっての注意事項は、FAQの交通についてを合わせてご覧ください。

トレニタリア社の自動券売機

トレニタリア社の自動券売機

荷物をもったまま、途中の街を訪れたいのですが、駅に荷物を預ける場所はありますか?

イタリア国内の主要観光地の駅には、駅構内に荷物預け窓口(Deposito Bagagli)があります。
*イタリアにはコインロッカーなどのシステムはありません。基本的に対面式です。
駅構内での荷物預けがある駅
ローマ・テルミニ駅、ローマ・ティブルティーナ駅、ミラノ中央駅、ヴェネツィア・サンタ・ルチア駅、ヴェネツィア・メストレ駅、ヴェローナ・ポルタ・ヌオーヴァ駅、パドヴァ駅、ボローニャ中央駅、フィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅、ピサ中央駅、アッシジ駅、トリノ・ポルタ・ヌオーヴァ駅、トリエステ中央駅、ジェノヴァ・ピアッツァ・プリンチペ駅、ジェノヴァ・ブリニョーレ駅、ラ・スペツィア中央駅、ナポリ中央駅、バーリ中央駅、カターニア中央駅、メッシーナ中央駅、パレルモ中央駅、ペスカーラ中央駅、アンコーナ駅、ペーザロ駅、トレヴィーゾ駅、ロヴィーゴ駅
注:時期やタイミングにより、「工事中」または「対テロ・防犯」などの理由で利用ができないことがあります。

バスの旅

ヴェローナのミニ観光バス
イタリア国内の主要都市(ミラノ、ヴェネツィア、フィレンツェ、ローマなど)に関しては列車が運行していますが、昔からの街並みや田園風景を残す地方都市、小さな街や村を旅する際には、バスが便利です。州をまたがる路線、小さな村をつなぐ路線、夜行バスなど目的地によって様々です。

主要な中距離バス運行会社

*サイトによってはイタリア語のみの場合もあります。

北部

SAVDA -(ヴァッレ・ダオスタ州内他、フランス国境とアクセス)
SADEM (ピエモンテ州内他、ミラノ、マルペンサ空港とアクセス)
Autostradale S.p.A. – (ロンバルディア州内他、コルティナ・ダンペッツォへの長距離バスなど)
SAD(ボルツァーノ側のドロミーティ地域を運行)
Dolomiti bus – (コルティナ側のドロミーティ地域を運行)
ATVO(コルティナ・ダンペッツォとヴェネツィアを結ぶ)

中部

Siena Mobilita’ –  (トスカーナ州シエナ周辺)
Etruria Mobilita’ (トスカーナ州)
Lazzi – (トスカーナ州ピストイア、ルッカ、アレッツォ)
Sulga(ウンブリア州内他、ローマ・フィウミチーノ空港、ローマ市内からも運行便あり)
ATM S.p.A. -(モリーゼ州内他、各地へ運行)
Arpa – (アブルッツォ州)

南部

Sita Sud Trasporti S.p.A. - (カンパニア州、プーリア州、バジリカータ州を運行) 
Marino – (プーリア州とバジリカータ州を主に運行。各州内からナポリ、またドイツやスイスへの国際バスも運行)
Saj – (カラーブリア州)
Sais Autolinee - (シチリア州内を主に運行。一部国内長距離あり)
Azienda Siciliana Trasporti - (シチリア州内を運行)
Interbus (カターニア周辺をつなぐバス。Etna Trasporti他、周辺会社と共同運行)

国内長距離

Sais - シチリア州内以外に、ローマとシチリア州を運行
具体的な訪問地が決まっている場合、各地を発着する交通に関しては、州案内の行き先で探すの交通案内やユネスコの各地サイト説明内でも記載されていますので、合わせてご利用ください。

国際バス

ヨーロッパ各地からイタリアへ、国境を越えてバスが運行しています。
ヨーロッパ各地からの長距離バス検索サイト
EuroLines
Busabout Adventure Coach Travel Europe
Europe by Bus
Buses on the Web

船の旅

船の旅

歴史的なイタリアの街を眺め、海から街へと到着する船での旅は、きっと忘れられない思い出になるでしょう。イタリア半島は地中海、ティレニア海、アドリア海、そしてイオニア海、リグーリア海に囲まれ、異なる海の色を楽しむことができます。美しい海に浮かぶ島々へも、イタリア国内はもちろん、近郊の国々からも船でのアクセスが便利です。

国内船運航会社

Consorzio Marittimo Turistico 5 Terre – リグーリア州 (リヴィエラ海岸)、トスカーナ州 (ヴィアレッジョ、マリーナ・ディ・カッラーラなど)
Mare Giglio – トスカーナ州 (サント・ステーファノ、ジリオ島、ジャンヌトリ)
Toremar – トスカーナ州(リヴォルノ、エルバ島など周辺)
Vetor – ラツィオ州
Med Mar – カンパニア州 (ナポリ湾の島々)、ラツィオ州周辺
Snap Navigazione – ラツィオ州、カンパニア州(イスキア島)
Navigazione Libera del Golfo – カンパニア州 (ナポリ湾、アマルフィー海岸)、ラツィオ州 (ポンティーネ諸島)、プーリア州 (トレミティ諸島)
Snav – カンパニア州(イスキア島、プロチダ島、カプリ島、ソレント)、シチリア島(エオリエ諸島)
Caremar – カンパニア州(ナポリ湾)
Linee Lauro – カンパニア州(ナポリ湾)、シチリア島(エオリエ諸島)
Capitan Morgan – カンパニア州(ナポリ湾)

国内船運航会社 – ナポリ(カンパニア州)〜カターニア(シチリア島)
Caronte&Tourist – サレルノ(カンパニア州)〜メッシーナ(シチリア島)
Traghetti delle Isole – シチリア島(エガディ諸島、パンテッラーリア)
Ustica Lines – シチリア島(エガディ諸島、パンテッラーリア)
Siremar – シチリア島(エオリエ諸島、エガディ諸島、ウスティカなど)
EneRmaR – サルデーニャ島
具体的な訪問地が決まっている場合、各地を発着する交通に関しては、州案内の行き先で探すの交通案内やユネスコの各地サイト説明内でも記載されていますので、合わせてご利用ください。

国際船

Blue Star Ferries【ギリシア〜ヴェネツィア、ブリンディジ】
Superfast Ferries【ギリシア〜アンコーナ、バーリ】
Fragline Ferries 【ギリシア〜ブリンディジ】
Grimaldi Lines 【スペイン(バルセロナ)〜サルデニア島、リヴォルノ】【チュニジア(チュニジ)〜チヴィタヴェッキア、サレルノ、パレルモ】【ギリシア〜ブリンディジ、アンコーナ、トリエステ】
Blue line【クロアチア〜アンコーナ、バーリ】
Jadrolinija【クロアチア〜アンコーナ、バーリ】
Venezia Lines【クロアチア、スロヴェニア〜ヴェネツィア】
Gnv Grandi Navi Veloci – サルデーニャ島、シチリア島、スペイン、チュニジア、モロッコ
Moby Line – サルデーニャ島、コルシカ島、エルバ島、チヴィタヴェッキア(ローマ近郊)
Snav シチリア島、サルデーニャ島、ギリシア、クロアチア、エオリエ諸島(シチリア)

国際船Saremar【コルシカ島〜サルデーニャ島】
Marmara Lines【トルコ(チェシメ)〜アンコーナ、ブリンディジ】
Tirrenia Navigazione【チュニジア〜イタリア各地の島々とシチリア島、サルデーニャ島】
Virtu Ferries【クロアチア〜バーリ】【カターニア〜マルタ島】

*サイトは各船会社により運営されており、内容は全て英語で記載されております。サイト上でのご購入、運行詳細などに関わるお問い合わせは、各船会社へお問い合わせください。

主要な港

イタリアの主要な港

自転車を利用する

自転車を利用する有名な自転車レース、ジロ・ディタリア(Giro d’Italia)が開催されるほど、イタリアで自転車は人気のあるスポーツです。各街の中を、レンタサイクルで巡るだけでなく、街から街へ、サイクリング(チクリズモ)が楽しめるコースが設けられています。

サイクリング対応ホテル検索
ルート紹介サイト(ロードバイク、マウンテン、スローバイクの3タイプルートから選択可)
その他の具体的な基本情報は、FAQの「その他のイタリア旅行情報」をご覧ください。

レンタサイクル

主要な場所に自転車貸出しスポットがあり、各街中を自由に動けます。

  

主要都市のレンタサイクル

(サイトは主に英語)

ミラノのレンタサイクル Bike-Mi

ミラノのレンタサイクル Bike-Mi

ミラノ
Bike-Mi:現地の人も利用するシェア・バイクシステム。最長2時間以内での利用で、短距離の利用に便利。サイト内からは、レンタルスポットマップも確認できます。

フィレンツェ (英語サイトのあるものを記載)
Florence by Bike:利用時間・滞在日によって希望のものを選べます。
Rent up Florence: スクーターなどの貸出しも。

ローマ
Bike Sharing:交通局が提供しているシェア・バイクシステム。サイト内からは、レンタルスポットマップも確認できます(中心地区20カ所以上)。利用には、チャージ式の専用カード(スマートカード)が必須。購入はメトロ各駅にて(メトロA線:アナニーナ、バッティスティーニ、コルネリーア、レパント、オッタヴィアーノ、スパーニャ、テルミニ  メトロB線:ラウレンティーナ、エウル・フェルミ、ポンテ・マンモーロ)。

乗り場に並ぶタクシーの列/ 車体のドアの文字(ローマ市の場合)/タクシー乗り場の印(ローマの場合:下に基本料金が書かれている場合があります)

タクシーの利用

駅から、空港から、ホテルから、移動に便利なタクシー。イタリアでは正規タクシーが国内共通で決められています。
「流し」はありません。必ずタクシー乗り場から乗車するか、ホテル・レストランにて電話で呼んでもらいます。空港・駅の「呼びこみ」をしているタクシーには乗らず、タクシー乗り場に並んでいる正規タクシーをご利用ください。

見分け方

車体は白、ドア・バックドア・車内部に各街の名称・タクシー認識番号がつき、車体上にTAXIの文字。

その他の情報

*加算料金について:
都市ごとに異なりますが、荷物1つにつき、1ユーロ~加算されます。
鉄道の駅からの乗車の場合、加算される場合もあります。
また夜間料金、郊外走行の場合も、各街のタクシー料金基準によって加算されます。

*正規タクシーは列を作って駐車しています。運転手が車外をうろつきお客様と料金を交渉する、あるいは客引きをすることはありません。
*車内に市での設定料金のご案内が張られていることがあります。

街の公共交通を利用する

ミラノ市内のトラム

ミラノ市内のトラム


【バス・トラム(路面電車)・メトロ】

キオスクやタバコ屋(Tabacchi)などであらかじめ切符を買ってから乗車します。
メトロの場合は改札へ通しますが、バス・トラムの場合は車内の自動検札機で必ず切符に刻印してください。
切符をもって乗車しても刻印をしていないと罰金を取られます。

【ヴァポレット(水上バス)】

車のないヴェネツィアではヴァポレットとよばれる公共船がバスがわりで、窓口で切符を購入して乗船前に刻印します。
*ヴェネツィアのヴァポレットの場合、12時間や1日乗車券を購入しても、乗船前に”毎回”検札機にカードをかざして、読み取りが必要です。

ヴェネツィアのヴァポレット

ヴェネツィアのヴァポレット

【メトロ】

ローマ、ミラノ、ナポリ、トリノ、ジェノヴァ等の大都市にあります。入口の目印は、「M」のマーク。

目印は「M」のマーク

目印は「M」のマーク

【観光バス】

観光都市では、観光スポットを巡回してくれるバスが運行しています。チケットは1日有効、バスは同じ方向に定期的に走っているため、自由に乗り降りできます。

主な運行会社
110番バス: 運行都市 ローマ

City Sightseeing

運行都市 ローマ、フィレンツェ、ミラノ、パドヴァ、ヴェローナ、ピサ、ジェノヴァ、トリノ、ボローニャ、ナポリ、ソレント、パレルモなど主要都市

トリノ市内の市の交通局運営観光バス

トリノ市内の市の交通局運営観光バス