canzoneitaliana

 

イタリア文化財・文化活動・観光省(Mibact) は、イタリア音楽の歴史を辿り、20万曲が視聴できるウェブサイトCanzoneitaliana.it カンツォーネ・イタリアーナ」を、サンレモ音楽祭開催に合わせ発表しました。

なんと日本語を含む8か国語対応で、オペラ、カンツォーネ、ナポリ民謡、サンレモ音楽祭、イタリアロック、ポップミュージックなどの多くのジャンルごとに、日本語の詳しい説明とともに、楽曲を視聴出来ます。

イタリア音楽ファンの方はもちろん、音楽ツアーや、音楽をからめたイタリア取材などの参考にもなる画期的なサイトです。イタリア音楽の歴史を辿る旅へ!

www.canzoneitaliana.it

(TOPページ右上のアイコンから日本語を選択して下さい)

 

◎サンレモ音楽祭開催中

2月6日から10日までイタリアの国民的音楽の祭典『サンレモ音楽祭』開催されています。

日本でも60年代からその名が知られ、今でもこの時期サンレモを訪問する日本人旅行者も。
イタリアではTVで全国放送され、昨年の視聴率は平均50.7%という驚異的な人気です。http://www.rai.it/programmi/sanremo/

 

◎サンレモの街と観光 Sanremo

音楽祭開催時以外でも大変魅力的な観光地のサンレモは、1年を通し気候の温暖なリヴィエラ海岸の中心リゾート地。花に溢れたこのエリアは「花・植物」をテーマにしたツアーにも適しています。

海沿いの瀟洒なホテル、レストラン、カジノ、マリーナ、ショッピング街や、高台の中世の雰囲気を残す旧市街ピーニャ地区の散策、特にマドンナ・デッラ・コスタ聖堂のテラスから市街地と湾のパノラマも楽しめます。

またソーレ湾の近くには、ノーベルが晩年暮らしたヴィッラ・ノーベルVilla Nobelがあり、屋敷や庭園が公開されています。http://www.provincia.imperia.it/villanobel/

サンレモ©Fototeca ENIT