パレルモのカッテドラーレ(大聖堂)

パレルモのカッテドラーレ(大聖堂)

文化財・景観の充実、そして旅行者へのサービス向上などを目的に、イタリア文化財・文化活動・観光省は2016年から毎年【イタリア文化首都Capitale Italiana della Cultura 】を制定しています。
10あまりに絞られた候補都市の中から同省任命の専門家委員会が、その取組みや計画内容等から1都市を選び、その地の文化的発展や生活を広くアピールする機会となっています。 また旅行者にとってもそれまで訪問の機会が無かった都市へ足を運び、その文化的価値に触れるきっかけにもなり、ツアー造成や取材などでもぜひ注目したいデスティネーションとなっています。

今年2018年のイタリア文化首都はシチリア州のパレルモPalermoです。
そして2020年のイタリア文化首都にはつい先日10都市の中からエミリア・ロマーニャ州のパルマParmaが選ばれました。
また選出は逃しましたが立候補した他の都市も文化的見所が沢山ありますのでぜひご注目下さい。(アグリジェント、ビトント、カサーレ・モンフェッラート、マチェラータ、メラーノ、ヌオーロ、ピアチェンツァ、レッジョ・エミリア、トレヴィーゾ)

参考リンク
パレルモ https://www.comune.palermo.it/capitale-cultura-2018.php(伊語)
当局パレルモ観光情報頁 http://visitaly.jp/travel/sicilia/palermo(日本語)
パルマ  http://www.turismo.comune.parma.it/en (英語)

 

尚、2019年は世界遺産の洞窟住居群の街マテーラMateraが、【欧州文化首都Capitale Europea della Cultura】に決定しており、「イタリア文化首都」の設定はありません。 2019年マテーラでは、文化を通じて「未来を築く」をテーマとしたイベント、フォーラムなどを、世界各国からの参加も交え、1月19日から12月20日まで展開。市民も一体となり文化体験していくCulture Tourism も推進。欧州を中心に8000名のアーチストが集結し、40以上の国際ミーティングが予定されています。
参考:http://www.matera-basilicata2019.it/en