viticoltura eroica, potatura
コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコの丘陵地
(Le Colline del Prosecco di Conegliano e Valdobbiadene)

この丘陵地はイタリア北東部(ヴェネト州トレヴィーゾ県)に位置し、登録地はプロセッコワイン生産地の葡萄畑の風景も含まれています。急傾斜ホッグバックの丘陵、チリオーニciglioniとよばれる狭く小さな棚段の葡萄の木、背景の森、小さな集落、農地などの文化的な景観が特徴です。 険しい土地環境を人々が何世紀にもわたって克服し形づくってきました。

17世紀頃から、チリオーニを利用し、斜面に平行・垂直な葡萄畑の並びがモザイクのような独特な景観が創られました。19世紀になると、ベッルッセーラBellusseraという菱形に仕立てる葡萄栽培の技術が発達し、景観の美的特徴に大きく貢献しました。

ユネスコのサイト (登録:文化遺産)

 

参考情報
コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ保護協会レリースより抜粋
Consorzio Tutela del Vino Conegliano Valdobbiadene Prosecco
コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネのプロセッコ丘陵地は、特徴のあるこの文化的景観を守り保護すべき場所として、2019年7月イタリア55番目の世界遺産に正式に登録されました。
登録は単なる到着点ではなく、この小さな土地に息づく文化的、芸術的、そして “コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ・スペリオーレDOCG”というワインで有名な農業遺産としての価値を高めていく道のりの1地点にすぎません。
協会では同スパークリングワインの保護、景観という資産の管理に努めると共に、次世代のため経済・社会的発展とのバランスを保つというユネスコのガイドラインに特別な注意を払っています。

ネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコの丘陵地は、「文化的景観」というカテゴリーでの10番目の登録となります。イタリアでは他にランゲ・ロエロ・モンフェッラート(ピエモンテ州、2014年登録)があります。

同協会Facebookの丘陵地の動画はこちらから

コネリアーノ・ヴァルドッビアーデネ・プロセッコ保護協会
Consorzio Tutela del Vino Conegliano Valdobbiadene Prosecco
Piazza Libertà, 7 – Solighetto
31053 Pieve di Soligo (TV)
Tel: 0438/83028 – Fax 0438/842700
https://www.prosecco.it/en
https://www.facebook.com/ConeglianoValdobbiadeneProseccoDOCG

 

 

●同エリア中心地へのアクセス情報:
コネリアーノConegliano
トレヴィーゾの北約32km トレヴィーゾ・チェントラーレ駅から列車で約25分。
ヴェネツィアからは約65km で列車で約1時間
ヴァルドッビアーデネ Valdobbiadene
トレヴィーゾの北西35km 車で約40分 ヴェネツィアからは約80km (途中まで鉄道有)

 

●その他関連参考リンク

https://www.coneglianovaldobbiadene.it/index.asp?lang=en

★Conegliano Valdobbiadene Hills _photo credits Arcangelo Piai_2 - Copia

 

本サイトあるいは本サイトに包括されているサードパーティーの媒体は、クッキーポリシー内に記載された機能及び目的達成のために必要となるクッキーを利用します。
さらなる詳細を確認する、あるいは、関連する一つあるいはいくつかのクッキーへの承認を無効にするには、クッキーポリシーをご参照ください。
このバナーを閉じる、本ページをスクロールする、リンクをクリックする、あるいはその他方法でのナビゲーションに従うと、クッキー使用を許可したことになります。