ヴィチェンツァ周辺はグラッパ*が生産されることで有名。(*ブドウの絞りかすを発酵させた蒸留酒)
土地には美味しいグラッパを作る醸造所が点在します。
グラッパはもともと、土地の農民や兵士たちが体を温めるために飲んでいたことが起源だと言われていますが、今やこの州を代表するお酒の1つとなりました。

そんなグラッパを、土地の歴史や文化とともに知ってもらうために企画されている企画「Distillerie Aperte グラッパ醸造所オープン」。

日程:2015年10月4日

10:00~18:00の間に、製造過程、伝統製法から現代的な製法などを教えてくれるガイドツアー有。
もちろん、試飲なども開催。
*ガイドなどはイタリア語のみ

≪今回、一般公開に協力する醸造所≫
F.lli Brunello di Montegalda
Li.dia di Villaga
Poli di Schiavon
Schiavo di Costabissara

詳細はこちらから(伊語のみ)

made in vicenza

本サイトあるいは本サイトに包括されているサードパーティーの媒体は、クッキーポリシー内に記載された機能及び目的達成のために必要となるクッキーを利用します。
さらなる詳細を確認する、あるいは、関連する一つあるいはいくつかのクッキーへの承認を無効にするには、クッキーポリシーをご参照ください。
このバナーを閉じる、本ページをスクロールする、リンクをクリックする、あるいはその他方法でのナビゲーションに従うと、クッキー使用を許可したことになります。