Uffizi Gallery

夏の期間に催されるウフィッツィ美術館での文化イベント。 毎週火曜日の夜間拝観と合わせて企画されているため、夜のウッフィツィ美術館でさらに気分も高まります。

そのうち6月の予定が発表されました!
夜間拝観情報はこちらから

≪ご案内≫
夜間拝観のために入場される方は、無料にて、このイベントを楽しむことができます。

≪プログラム≫
*発表では英語サイトもすべてイタリア語のみでの発表のため、当日のご案内はイタリア語のみになる可能性があります。
♦2016年6月7日
音楽家であり俳優でもあるガブリエーレ・バッジョ氏が、‟ハーメルンの笛吹男”に扮し、1500~900年代の作家や詩人が残した言葉を用いながら、美術館の作品を案内します。

♦2016年6月14日(2つのプログラムが予定されています)
1)カルロ・ボナミーコのジャズアンサンブル with 1800年代終盤~900年代初頭の文学
2)ヴェルシリアダンツァ・カンパニーにより、展示絵画のテーマからのパフォーマンス

♦2016年6月21日
1500~600年代の音楽と、ルネサンス期の舞踊、そして文学のコラボ

♦2016年6月28日(2つのプログラムが予定されています)
1)女優ステファニア・ステファニン氏がチェロとコラボし、ギリシア神話の女神ニオベーの悲劇を演じる。
2)ラン・バルト氏(フランスの哲学者)そしてジョージ・キューブラー氏(美術史学者)の論文に着想を得た風刺喜劇パフォーマンス‟Lasciare un segno”

◊ウフィッツィ美術館からのお知らせ(公式サイトより)
7月~9月末までの予定は、6月中に発表する予定です。