GIUBILEO 2015 – Giubileo Straordinario

特別聖年2015年12月8日〜2016年11月20日

今年の3月に就任丸2年となったローマ教皇フランチェスコ(フランシスコ)により、特別聖年が発表されました。

期間は2015年12月8日から2016年11月20日までで、「慈悲の聖年(Anno Santo della Misericordia)」となります。

聖年は1300年に始まり、基本的には25年ごとですが、特別に制定されることもあります。前回は2000年の大聖年でした。

聖年には信者が特別の赦しを与えられるとし、この期間中には、救済のための特別な扉である、聖なる扉(Porta Santa)が開きます。聖なる扉は、ローマの4大聖堂である、サン・ピエトロ、サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ、サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ、サンタ・マリア・マッジョーレ聖堂にあり、通常は聖堂内側が塗り固められています。

今回の聖年は12月8日のサン・ピエトロ大聖堂の聖なる扉の開通の厳かなる儀式に始まり、その他の聖堂の扉も順次開けられ、2016年11月20日の最後に再び塗り固められます。

他にも聖なる扉のある教会はあります。

ヴァティカン市国公式サイト

san pietro porta santa

通常は閉まっているサン・ピエトロ大聖堂右端の聖なる扉

s.pietro porta santa 1

san pietro porta santa interno

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2000年の大聖年に開かれたサン・ピエトロ大聖堂の聖なる扉 (右は内部)

 

本サイトあるいは本サイトに包括されているサードパーティーの媒体は、クッキーポリシー内に記載された機能及び目的達成のために必要となるクッキーを利用します。
さらなる詳細を確認する、あるいは、関連する一つあるいはいくつかのクッキーへの承認を無効にするには、クッキーポリシーをご参照ください。
このバナーを閉じる、本ページをスクロールする、リンクをクリックする、あるいはその他方法でのナビゲーションに従うと、クッキー使用を許可したことになります。