leonardo500天才レオナルド・ダ・ヴィンチがこの世を去って、2019年で500年経ちます。
没後500年の機会にミラノで開催されるイベント、“レオナルド500”!

≪主要な開催スポット≫
♦スフォルツェスコ城
♦アンブロジアーナ
♦パラッツォ・レアーレ
♦ピッコロ・テアートロ
♦科学博物館

公式サイトレオナルド500

≪注目イベント≫
期間中、様々なイベントが開催されていますが、そのうち少しずつ、注目イベントをピックアップ。

今回はダヴィンチの傑作「アッセの間」(スフォルツェスコ城内)特別公開!
期間:2019年5月2日~2020年1月12日
場所:スフォルツェスコ城

♦アッセの間とは♦
ルドヴィーコ・イル・モーロの注文により、1498年にレオナルド・ダ・ヴィンチによりこの一室は、巨大な樹木で覆うように描かれた部屋自体が森の中にいるかのような芸術。
天井には葉と枝と幹の部分、壁は巨大な岩を抱える根を描くという構図。
壁の部分は、色から「モノクロ (Monocromo)」と呼ばれています。
劣化が進んでいるため、修復が続けられていますが、2015年のミラノ万博の際、期間限定でオープンしましたが、それ以降の特別開館が決定しました。
また2015年は一部公開でしたが、今回は全体の公開です。

足を踏み入れれば、ダヴィンチのイメージする森であろうその世界の全体像を、自身の目で確かめるチャンス。

修復前
Milano, Castello Sforzesco, Sala delle Asse. Volta prima del restauro -2012 - Photo by Haltadefinizione

修復後(一部)
Milano, Castello Sforzesco, Sala delle Asse. Monocromo dopo il restauro 2015 part -Photo by Mauro Ranzani

情報提供:ミラノ市観光局