Gallerie Italia- Bellezzaritrovata_2

♦美の再発見(仮題) La Bellezza Ritrovata
期間:2016年4月1日~7月17日
場所:ガッレリエ・ディタリア
公式サイトページ
ガッレリエ・ディタリア(イアリア・ギャラリー)の貴重なスペースを使用し、絵画、フレスコ画、モザイク、彫刻、手工織物、新に蘇った金細工など実に140作品が展示されます。
芸術史における長い歴史、異なる手工技術の工程、そして修復法への取り組み。修復が施された巨匠の大作には、カラヴァッジョ、ルーベンス、ペルジーノ、ロット、などそのほか多数の有名芸術家に及びます。
今回の展覧会は、1989年に生まれた“Restituzioni(原状復帰)”プロジェクトの成果でもあります。大作のうち、国の文化財局から選ばれたとても危うい状態にある作品が修復され、その作品の美しさを賛美し評価されるよう保存施設に返却されます。

科学技術国立博物館、新館“Cavallerizze(カヴァッレリッツェ)”

新館外観

新館外観

場所:科学技術国立博物館内

科学技術国立博物館は新館をお披露目。
新館“Cavallerizze(カヴァッレリッツェ)”は、これまでの建築再利用と都市計画が再評価した結果、生まれたもの。
19世紀中頃に馬の調教場として建てられた2つの厩舎(カヴァッレリッツァの複数系)からその名が取られ、当時は軍用兵舎として使用されていました。
新しいスペース(1800㎡)の一般開放は、2016年4月2日から9月12日にかけてミラノで開催される第21回国際博覧会トリエンナーレ・ディ・ミラノの機会に合わせたものであり、博物館へは様々な文化機関が参加します。
博物館はカヴァッレリッツェ内部へ参加国を招待し、またトリエンナーレのテーマである“デザイン・アフター・デザイン”を表現した展覧会“コンフルーエンス / Confluence”の同時開催が企画されているほか、週末には若者や家族向けの教育プログラム“ファイ・ダ・テク”も提案されています。

 

情報元:ミラノ市観光局
公式サイト    フェイスブック  ツイッター  You Tube

新館内部(展示スペース)

新館内部(展示スペース)