赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス©ARCHIVIO DELL'ARTE - Luciano Pedicini fotografo

赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス©ARCHIVIO DELL’ARTE – Luciano Pedicini fotografo

世界遺産 ポンペイの壁画展 

2016年4月29日~7月3日まで 

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)

西暦79年、火山の噴火という悲劇的な終焉により、時代を瞬時に閉じ込めたポンペイの町。18世紀に再発見されたポンペイの遺跡は、古代ローマの人々の豊かな暮らしを今に伝え、世界中を魅了し続けています。1997年に「ポンペイ、エルコラーノ、トッレ・アヌンツィアータの遺跡地域」として世界遺産に登録され、年間200万人以上の観光客が訪れるポンペイの遺跡は、「秘儀荘」を筆頭とする壁画の美しさで知られ、〈ポンペイの赤〉と呼ばれる特徴的な色彩は、一度目にすると忘れられない鮮やかさです。

踊るマイナス ©ARCHIVIO DELL'ARTE - Luciano Pedicini fotografo

踊るマイナス ©ARCHIVIO DELL’ARTE – Luciano Pedicini fotografo

本展は、ポンペイの出土品の中でも最も人気の高い壁画に焦点を絞り、壁画の役割と、その絵画的な価値を紹介。出品作品のなかでも皇帝崇拝の場であるアウグステウムから出土した《赤ん坊のテレフォスを発見するヘラクレス》は、ギリシャ神話を題材にした美しい壁画で、本邦初公開であると同時に、海を渡って初めて持ち出される大変重要な作品。ポンペイ壁画のまさに決定版ともいえる展覧会です。

赤い建築を描いた壁面装飾 ©ARCHIVIO DELL'ARTE - Luciano Pedicini fotografo

赤い建築を描いた壁面装飾 ©ARCHIVIO DELL’ARTE – Luciano Pedicini fotografo

 

 http://www.tokyo-np.co.jp/pompei/

★★気鋭の美術史家による連続ギャラリートーク、開催決定!5月20日、27日、6月9日 詳細はこちらから★

 

 

イタリア映画祭 

2016年4月29日~5月5日 東京:有楽町朝日ホール5月7-8日 大阪 ABCホール

今年で16回目を迎える『イタリア映画祭』はゴールデンウィーク恒例のイベントとなり、毎年1万人を超える観客が訪れています。今回は、2015年以降に製作された日本未公開の新作を東京で12本、大阪で7本上映します。コメディーもあればシリアスなドラマもあり、エンターテイメント大作からアート系映画まで幅広いプログラムです。さらに、東京ではヴィスコンティ生誕110年を記念するとともに、今年の初めに亡くなったスコーラを追悼して、両監督の歴史的名作を1本ずつ上映。  http://www.asahi.com/italia/2016/

 

公開中の日伊国交樹立150周年記念美術展

メディチ家の至宝:ルネサンスのジュエリーと名画 

2016年4月22日~7月4日まで 東京都庭園美術館

ルネサンス文化発祥の地、フィレンツェ。そのフィレンツェに300年に渡って君臨したメディチ家。本展では、ブロンズィーノをはじめとする宮廷画家たちの手になる肖像画や、一族を華々しく彩ったルネサンス・ジュエリー等を一堂に展覧いたします。メディチ家に伝わる珠玉のコレクションを紹介する、日本国内初の展覧会です。 http://www.teien-art-museum.ne.jp/

 

好評開催中: カラヴァッジョ展 

2016年6月12日まで 国立西洋美術館 (上野公園内)

ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョ(1571-1610年)は、西洋美術史上最も偉大な芸術家のひとりで、イタリアが誇る大画家カラヴァッジョの名作と、彼の影響を受けた各国の代表的な継承者たちによる作品を合わせた50数点を展示します。同時代史料も併せて出品し、カラヴァッジョの人生と芸術両面におけるドラマをご紹介。 http://caravaggio.jp/

カラヴァッジョ