イタリアの旅

歴史と芸術

歴史と芸術

伝承によると、紀元前753年にロムルスによりローマが建国され、1861年にイタリア王国成立、1946年に国民投票により共和国となり今日に至るまで、様々な時代を経てきました。
その間には、ローマ帝国、都市国家、様々な外部の文化も加わり、中世後にはルネサンス美術が花開き、現在もイタリアの芸術は、世界的に知られ、多くの観光客を惹きつけています。

イタリアには、過去と現在とをつなぐ、古来文明の数々の遺跡、遺物が保存され、建築物、教会、古城、美術館だけにとどまらず、街全体が過去の芸術を色濃く残し、訪れる人に昔の空気を感じさせてくれます。

ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」など

主要な芸術都市としては、ローマを始め、フィレンツェヴェネツィアナポリミラノなど、数多くの街が挙げられますが、その他にも代表的なローマ時代の遺跡ポンペイや、国内には数えきれないほどの歴史的スポットが点在しています。大都市だけでなく、小さな村や町にも、ギリシャ劇場、ローマ劇場が残されていたり、古代、中世、ロマネスク、ゴシック、ルネサンス、バロック時代の貴重な建築物、絵画、彫刻などを観ることができます。さらに、紀元前9世紀から紀元前1世紀に中央イタリアに存在し栄えた高度な文明を持っていたエトルリア人の遺跡や遺物も必見です。

歴史と芸術

過去と現在が共存する世界を堪能しましょう!

イタリアの歴史遺産は、世界遺産のページをご覧ください。