RAVENNA 04/07/2015. RAVENNA FESTIVAl. LA CUPOLA DEL PALA DE ANDRE’ ILLUMINATA CON LA PROIEZIONE DI MOSAICI ALLA FINE DEL CONCERTO DI MUTIMuti Ravenna Festival ©Silvia Lelli_01Dec2014_88021500年前のものとは思えない美しい色彩のモザイクが有名で世界遺産にも登録されている古都ラヴェンナRavenna。 エミリア・ロマーニャ州の人気の観光地のひとつで、ボローニャからは東へ74km。 13世紀の叙事詩『神曲』の作者ダンテゆかりの地でもあるこの街で、1990年から毎年5月~7月にかけての約2か月間開催されるラヴェンナ・フェスティバルは、管弦楽、室内音楽、オペラ、ダンス、ミュージカル、民族音楽などの総合芸術祭です。 ラヴェンナの街自体がフェスティバルの舞台となり、日本でも人気の高いリッカルド・ムーティ氏指揮のコンサートも毎年開催され、日本から多くのファンも訪れます。

今年は5月13日から7月13日、そして秋10月14日から23日まで開催されます。 特に、2016年は日伊国交樹立150年記念公演7月3日にラヴェンナで日伊のオーケストラがムーティ氏の指揮で演奏します。

◆ラヴェンナ・フェスティバル2016年全プログラム(英語版)はこちらから◆

アリギエーリ劇場Alighieri_Theatre©SilviaLelli

この中から、2016年プログラム(5月13日~7月13日)みどころをご紹介します。

●マンデラ3部作Mandela Trilogy(ネルソン・マンデラへのオマージュ)6月9-12日

2014年に大戦の歴史、2015年はダンテ生誕750年を祝いましたが、2016年のテーマは「足早に過ぎ去っていった世紀」の象徴としての主役の一人、ネルソン・マンデラに捧げられ、アフリカ屈指のケープタウン・オペラが制作し、マイケル・ウイリアムズが監督する「マンデラ三部作」がアリギエーリ劇場で開催されます。

●日伊国交樹立150周年記念公演 

巨匠リッカルド・ムーティ指揮ルイジ・ケルビーニ・ジョヴァニーレ管弦楽団と東京春祭特別オーケストラ競演のコンサート(7月3日)。これに加え日本が世界に誇るピアノ奏者、内田光子によるシューベルトの即興曲全作品演奏(6月1日)や、1975年にRAVENNA 04/07/2015. RAVENNA FESTIVAl. LA CUPOLA DEL PALA DE ANDRE’ ILLUMINATA CON LA PROIEZIONE DI MOSAICI ALLA FINE DEL CONCERTO DI MUTI創設された山海塾の天児牛大による舞踏(6月14日)などが予定されています。RAVENNA 04/07/2015. RAVENNA FESTIVAl. LA CUPOLA DEL PALA DE ANDRE’ ILLUMINATA CON LA PROIEZIONE DI MOSAICI ALLA FINE DEL CONCERTO DI MUTI

RAVENNA 04/07/2015. RAVENNA FESTIVAl. LA CUPOLA DEL PALA DE ANDRE’ ILLUMINATA CON LA PROIEZIONE DI MOSAICI ALLA FINE DEL CONCERTO DI MUTI●管弦楽コンサートCencerto sinfonica

リッカルド・ムーティ指揮ケルビーニ交響楽団(6月4日) シューベルト・ベートーベン交響曲、

リッカルド・ムーティ指揮ケルビーニ交響楽団(7月5日) 伝説的ファゴット奏者、デイビット・マックギル競演

イワン・フィッシャー指揮ブダペスト・フェスティバル交響楽団(6月10日) ドボルザークの交響曲第8番

ダニエル・ハーディング指揮マーラー室内楽団(6月19日)

ケント・ナガノ指揮ハンブルグ・フィル(7月11日)

Palazzo_MauroDeAndré©MaurizioMontanari●チェロランディア Cellorandia

全ヨーロッパからの総勢100人のチェロ奏者達によってラヴェンナの街を埋めつくすイベント、チェロランディア(6月12日から18日)。ジョバンニ・ソッリーマとエンリコ・メロッツィによるこのプロジェクトは、若手音楽家やマリオ・ブルネッロ、エルンスト・レイゼガー、スカラ座の人気米国人チェリスト、ルチャッド・エッグルストン、そしてジョバンニ・ソッリーマ自身など著名な音楽家の演奏が、一週間、劇場だけでなく教会や城塞など、街の様々な場所で演奏を披露します。そして、フィナーレは、恒例の壮大なチェロ100重演奏が予定されています。

Ravenna Festival  Church_of_SanVitale2©MaurizioMontanari●バレエ、ダンス Ballet 

今年は、山海塾の天児牛大(6月14日)の他、ズヴェトラーナ・ザカローヴァが、ボリショイ劇場のスター、M・ロブキンとD・ロドキンと共に、ダンテに捧げたプログラム、フランチェスカ・ダ・リミニを公演(6月30日)

●世界遺産の場所で毎日開催! 演劇とコンサート

5月13日より7月13日の間、11時と19時から、毎日下記の催しが開催されます。料金は1€。

ダンテ・アリギエーリのためのパフォーマンス

フランチェスコ修道院中庭 Franciscan Cloisters:毎日午前11時

晩鐘コンサート: サン・ヴィターレ大聖堂 Basilica of San Vitale(毎晩午後7時)

2016年秋プログラム(10月14日~23日)秋の三部作

2012年から秋にもフェスティバルが開催されています。「秋の三部作 Autumn Trilogy 」として、3晩違う作品を鑑賞できるようにプログラムされています。今年は「ドナウ川沿岸 Along the Danube River」をテーマに、「公爵令嬢マリツァ」「コウモリ」「メリー・ウィドー」のドナウ三大作品が上演されます。

 

Stampa

ラヴェンナ・フェスティバルHP http://www.ravennafestival.org/?lang=en