イタリアの旅:オススメの旅

ローマ建国の地、パラティーノの丘を散策する

Passeggiata sul Colle Palatino – Roma

パラティーノの丘の散策

コロッセオ、フォロ・ロマーノの遺跡と共通チケットで見学できる、ローマの7つの丘(*)の1つ、パラティーノの丘

広大な敷地なので、なかなか訪問する時間がないかもしれませんが、ローマに何度かいらした方は、次回はゆっくり散策をしてはいかがでしょうか。

伝説によると、紀元前753年4月21日、この地でロムルスが弟レムスを殺してローマを建国したといわれています。

かつて古代ローマの最高級住宅地で、歴代皇帝も豪華な宮殿を建設しました。しかし、ローマ帝国滅亡後は荒廃し、中世には廃墟の上に教会や城が築かれ、ルネッサンス時代には富裕階級が庭園を造りました。現在は、300年間皇帝の主宮殿として使われた、ドミティアヌス帝の広大な建造物群の遺跡が残り、眺めもよく、散歩に最適な場所となっています。

丘の大部分を占める遺跡は、建築家ラビリウスが1世紀に建設したドムス・フラヴィア(Domus Flavia皇帝の宮殿)ドムス・アウグスターナ(Domus Augustana皇帝の私邸)スタディオ(Stadio競技場)の3つに大きく分けられます。

パラティーノ博物館(Museo Palatino)には旧石器時代や青銅器時代のものも含め、パラティーノの丘の出土品が展示されています。

パラティーノの丘の散策

丘からは、映画「ベンハー」で有名な古代の競技場跡のチルコ・マッシモや、コロッセオも見渡せます。

パラティーノの丘の散策

また、かつてドムス・ティベリーナ(Domus Tiberinaティベリウス帝の宮殿)があった土地に16世紀中ごろにファルネーゼ家が作ったファルネジアーニ庭園(Orti Farnesiani)の一角からは、フォロ・ロマーノが一望できます。

パラティーノの丘の散策

迷路のような広大な敷地は、自販機などで栄養と水分補給をしながらの散策がお勧め。

パラティーノの丘の散策

他にもリヴィアの家アウグストゥス帝の家ロムスルの家など、いろいろな見所があります。

混み合うコロッセオからの入場を避け、こちらでチケットを購入してゆっくり観光するのも一案です。

 

(*)伝説によると、ローマはアヴェンティーノ、カンピドリオ、チェリオ、エスクイリーノ、パラティーノ、クイリナーレ、ヴィミナーレの7つの丘の上に築かれました。

 

◆パラティーノの丘

Via della Salara Vecchia, 5/6

Via di S.Gregorio 30

Piazza del Colosseo

インフォメーションTel: 06-39967700

アクセス:地下鉄B線Colosseo下車

オープン:8:30〜日没1時間前(正確な時間は下記サイト等で要チェック)

入場料:12ユーロ(2016年2月現在) コロッセオ、フォロ・ロマーノと共通

◆Onlineチケット購入:  http://www.coopculture.it/en/colosseo-e-shop.cfm  (予約手数料プラス2ユーロ)

◆ローマ観光局サイト: http://turismoroma.it/lang/ja/