イタリアの旅:オススメの旅

ミラノ万博と一緒に訪れたい自然スポット 1/3

ミラノで最新を堪能してから、アルプスの絶景を楽しみたい。
名峰を見たり登って、自然を満喫したい。
そんな旅を楽しみたい人にピッタリの場所が北イタリアには集中しています。
今回はドロミーティ山塊の東側。世界自然遺産に登録される雄大な自然地域で南チロル、と呼ばれる地域です。

セルヴァ・ディ・ヴァルガルデーナ

セルヴァ・ディ・ヴァルガルデーナからの景観

ヴァル・ガルデーナ(ガルデーナ渓谷)
中心スポットとしてオルティセイ、サルヴァ・ディ・ヴァルガルデーナなどがあり、各地からロープウェーで絶景スポットへ行くことができます。
ボルツァーノからもアクセスが楽なため、トレッキングを楽しむヨーロッパ人に人気の落ち着いた地域で、ゆったりとした時間を。

ガルデーナ渓谷観光局公式サイト

 

 

サッソルンゴの山々

サッソルンゴの山塊

ヴァル・ディ・ファッサ(ファッサ渓谷)
もう少し内陸に入った地域にある渓谷では、カナツェイ、ヴィゴ・ディ・ファッサなどを中心とし、セッラ山群、サッソルンゴなどを楽しめます。
ファッサ中心(ヴィゴ・ディ・ファッサ)マップ
ノルディック・トレッキングマップ

ファッサ渓谷観光局公式サイト

Val Gardena Gröden 2

歩き疲れたらこんな休憩もあり。

時期情報
ハイキング、トレッキングが目的の方、またロープウェーで上まで登りたい方へ
☆ベストシーズン:6月中旬~9月初旬

ミラノからのアクセス
ミラノ中央駅からボルツァーノまでトレニイタリア社列車で約3時間。フレッチャ・ビアンカも運行。
ボルツァーノ⇔ガルデーナ渓谷(プランまで)
*オルティセイまでであればこちらもあり
ボルツァーノ⇔ファッサ渓谷
カナツェイへは上記のバスからPera di Fassa乗換。

(バス夏時刻表は2015年の夏季シーズンは、6月21日。現在のものは6月20日までのものとなります。)
夏季時刻表は、発表され次第別途、最新情報内にてご案内いたします。
☆各スポットへの拠点となるのはボルツァーノの街。
洗練された街は、美味しいワインと山の幸、そして素敵な人々がたくさん。
ボルツァーノマップ

Raschötz小屋から見たオドレ山群(Le Odle)

Rifugio Rasciesa(Raschötz)小屋から見たオドレ山群(Le Odle)

次回は、ドロミーティ山塊の西側、コルティナダンペッツォ周辺!