イタリアの旅:オススメの旅

ミラノ万博と楽しむ、ミラノ市内スポット

expo milano2015世界的なイベント万博を今年に控えたミラノ(期間は5月1日~10月31日)
食をテーマに、イタリア、日本をはじめとし、世界中の本格的な食を味わったり、未来に向けた地球規模の取り組みに触れることができます。
そんなミラノと、近くても遠くても楽しめるイタリアスポットを、数回に渡ってご紹介する中で、まず今回はミラノのスポット案内です。

ドゥオーモの屋上でミラノの街を楽しむ

大聖堂の屋上からミラノの街を。

最新モードの街として知られるミラノ。絶品グルメで舌鼓を打ちながら街を歩きつつ、遺跡や貴重な建築、美術を目にすることができます。

≪教会≫
大聖堂(ドゥオーモ):外せないスポット。内部のクリプタやパノラマスポットも合わせて訪れたい。
サン・ナザロ・マッジョーレ教会:382~386年に創建された貴重な初期キリスト教建築物のひとつ。

サンタンブロージョ教会内部

サン・シンプリチャーノ教会:創建5世紀前後。初期キリスト教建築の跡とその後の修復などで加えられたロマネスク建築などがみられます。

サンタンブロージョ教会:ミラノ市の守護聖人でもある聖人を祭る教会。創建は4世紀後半で現在の姿は12世紀以降の建築によるもの。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会: レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」のある教会。絵画だけでなく、この教会自体も必見です。小さな入口をくぐると、中庭から楽しめ、内部に広がる空間に魅了されます。

 

 

聖母の結婚

ラッファエッロ作「聖母の結婚」を目の前に過ごす時間を楽しむ

≪美術館・博物館≫

拝観が要予約の世界遺産のレオナルド・ダヴィンチ「最後の晩餐」の他にも楽しめる美術館・博物館があります。

ブレラ美術館:ラッファエッロ「聖母の結婚」をはじめ、マンテーニャ、カラヴァッジョ、ピカソなどの数多くの貴重なコレクションを所蔵。
スフォルツェスコ城併設美術館:古代から現代まで、様々な美術を堪能できます。
スカラ座博物館:音楽とスカラ座の歴史に触れ、芸術世界の裏側を垣間見ることができます。
サン・シーロスタジアム博物館:今最も熱いスポットのひとつ。ミランの本田選手、インテルの長友選手が活躍するホームグラウンドのサン・シーロスタジアム併設の博物館とオリジナルショップでここだけの一品を手に入れよう!

 

 

≪便利アイテム≫
ミラノ市内のマップダウンロード(万博最新バージョン)はここから!!
*紙面の現物は、現地インフォメーションセンターで配布中!
ミラノの街でスマフォで使えるガイドアプリはこちらから!(ロンバルディアより)
外せないショッピングは中心のガッレリアからスタート!!

ガッレリアのどの道から進む?スタートしたら、おしゃれ通りを全部制覇しにGO!