イタリアの旅:オススメの旅

トリノ 食事を楽しむ!

トリノの街紹介はこちらから

食通もそうでない人も、全ての人が楽しめるピエモンテ州の料理。
優しい味わいを、美食地域で存分に楽しめます!!
まず食卓について気付くのが細長いカリカリしたパン、グリッシーニ。
実はこのグリッシーニ、トリノで14世紀ごろに生まれました。そのため美食地域ピエモンテ州の食卓に必ずと言っていいほどあらわれます。

食事初めはスプマンテで(発砲ワイン)

食前のスプマンテと一緒に

軽い味わいがスプマンテにぴったり

カリカリの味わい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪進化を続けるトリノのグルメ≫
ミシュランガイド2015に載っているトリノのレストランは23。
伝統的な料理はもちろん、健康志向、あるいは地元野菜にこだわったりと、様々なコンセプトのレストランがあります。
もちろんここは美食地域、ミシュランの星がなくてもこだわりの味満載です。

≪Ristorante del Cambio≫
トリノの超老舗、あるいは一番歴史のあるお店。
なんとイタリア統一に貢献したカヴール行きつけのレストランで、現地の人憧れの場所。
(レストラン内にはカヴールの席が残されていて、混んでいなければ座ることができます。)

???????????????????????????????

店内はとてもエレガント。オシャレして楽しみたい空間。

???????????????????????????????

カヴール席。座ってみて見えるものは?

???????????????????????????????

サーブも超一流!心地よい時間を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪今回試したメニュー≫
◊アニョロッティ・ダル・プリンにほうれん草を添えて *写真左
ピエモンテ州にもいくつかの郷土パスタがありますが、こちらもそのうちの一つです。
アニョロッティ(お肉を詰めたパスタ)、だけだと平らな正方形ですが、プリンがつくとつまんだような少し小さめのこんな形のパスタに。しっかりとしたパスタと肉の味が口いっぱいに広がります。

◊ドルチェ *写真右
「Nuvola di mascarpone e cachi」、その名も「マスカルポーネチーズと柿の雲」。
丸い雲のようなマスカルポーネチーズのお菓子が、柿ソースと絶妙のバランス。ふわふわな食感。

???????????????????????????????

ホウレンソウと一緒にあっさりと

???????????????????????????????

スプーンですくって

 

 

 

 

 

 

 

 

???????????????????????????????

これがバーニャカウダ?思わずテンションアップな盛り付け

≪Ristorante Casa Vicina≫
グイード氏率いるミシュランガイドに載るレストラン。
トリノのEATALY内にあります。
とにかく目でも、舌でも楽しめます。

◊バーニャカウダ
まず試してみたいバーニャ・カウダ。バーニャ=ソース、カウダ=熱い、の意味。
前菜に出てくることが多い料理で、アンチョビベースの暖かいソースを野菜と一緒に楽しみます。
♦元々ニンニクをたっぷり入れるのが、地元の調理法。でも苦手な方や、香りが残るのは。。。という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな人のために、現在では多くのレストランで、ニンニク入りと無の2種類を用意していますのでご安心を。
今回のバーニャカウダもニンニク抜きでした!

♦そして続くメニューはこちら。前菜は2種類でました。
トリノでは前菜の種類がとても多く、レストランによっては10、20以上の前菜をそろえてあるほど。

???????????????????????????????

第2の前菜ズッキーニのスフォルマート。

???????????????????????????????

サルシッチャのリゾット

???????????????????????????????

子牛のロースト

 

 

 

 

 

 

 

≪Ristorante Contest Alimentare≫
これまでにない組み合わせを楽しめるレストラン。
意外なのに、全部、とってもおいしい!!
◊左:サルシッチャと栗のカポネット。なんと上の白いものはビールムース。口に入れると爽やかな香りと味わいが広がります。
◊真ん中:ゴルゴンゾーラチーズニョッキにトーストしたカカオをふりかけたもの。合わない?と思いきや、カカオの苦みがゴルゴンゾーラチーズにマッチ。
◊右:アヒルの胸肉をベルガモットハーブで味わいをつけたものにニンジンピューレとラディッキオを添えて。口の中に広がるベルガモットの香りと、しっかりとしたお肉の味わい。野菜も含め、とても優しい味。

???????????????????????????????

上にはビールムース

???????????????????????????????

ニョッキにカカオがコラボ

???????????????????????????????

アヒルの胸肉はあっさり味

 

 

 

 

 

 

 

≪BARATTI & MILANO CAFFETTERIA≫
老舗のカフェですが、食事も楽しめます。(トリノのカフェについては次号にて)

◊ヴィテッロ・ トンナート *写真左
ゆでた仔牛肉(Vitello)にツナのソースをかけたピエモンテ州定番郷土 料理。
こってり系に見えるのに、食べると止まらないあっさり味。
◊バターと栗で味付けした鶏肉のラヴィオリ *写真右

たっぷりソースの下にお肉が

たっぷりソースの下にお肉が隠れています

栗の味がマッチ

濃厚な栗の味がパスタにマッチ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【協力】

アリタリア-イタリア航空
*ミラノマルペンサ空港へ成田から直行。トリノまでは空港からの直行バスで1時間半です。

【現地視察にご参加頂いた旅行会社】*アイウエオ順
各旅行会社でツアーが企画されます。詳しくはお問い合わせください!
朝日旅行 New! ゴールデンウィーク&夏休み限定アオスタ&トリノ滞在 迫力の2大アルプスと麗しのピエモンテ
グローバル ユース ビューロー
ニッコウトラベル
ユーラシア旅行社
リョービツアーズ トゥッタ・イタリアカンパニー New! トリノ6日間*はじめてのピエモンテ

【アリタリア―イタリア航空でイタリアへ行かれた人対象!Visit Italyフォトコンテスト2016開催中】

トリノの街紹介はこちらから

本サイトあるいは本サイトに包括されているサードパーティーの媒体は、クッキーポリシー内に記載された機能及び目的達成のために必要となるクッキーを利用します。
さらなる詳細を確認する、あるいは、関連する一つあるいはいくつかのクッキーへの承認を無効にするには、クッキーポリシーをご参照ください。
このバナーを閉じる、本ページをスクロールする、リンクをクリックする、あるいはその他方法でのナビゲーションに従うと、クッキー使用を許可したことになります。