イタリアの旅:オススメの旅

レオナルド・ダ・ヴィンチ~その生涯 #Leonardo500

RTEmagicC_Leonardo_-_Firma_597_def_01.jpg
ローマ本局サイト情報より

画家、建築家、エンジニア、デザイナー、科学者、音楽家、発明家、解剖学者で地質学者であるレオナルド・ダ・ヴィンチ。
この世界的に有名なイタリアが生んだ天才は今年没後500年を迎えました。
レオナルドを知る様々な痕跡やキーワード、そして各地で開催されるイベント情報をシリーズでご案内いたします。
第1回はレオナルド・ダ・ヴィンチの始まりから。。。

≪若き日のレオナルド~青年期編≫
名前はレオナルド・セル・ピエロ・ダ・ヴィンチ。
1452年4月15日、フィレンツェから40kmのヴィンチ村のアンキアーノ集落に生まれました。
少年期すでにその能力は際立ち、両親は良い師匠のもとで絵画や表現力を学ばせるべく工房へと送り出します。
1469年、17歳のレオナルドは月3リラでヴェロッキオのフィレンツェの工房に入ります。
こうして彼の助手、職人としての経験がスタート。
一緒に師事した門弟には後にルネサンス史で語られるサンドロ・ボッティチェリやドメニコ・ギルランダイオ、ロレンツォ・デ・クレディらがいました。
工房の徒弟達は実技とともに学び、師匠は絵画の背景、樹木の細部、重要度の低い人物達などの部分を徒弟達に任せました。

≪当時の彼の作品について≫
♦「Il Battesimo di Cristo キリストの洗礼」
師匠ヴェロッキオはレオナルドの顔立ち描写を評価し、「キリストの洗礼」の中で左側の天使を描かせました。

1024px-The_Baptism_of_Christ_(Verrocchio_&_Leonardo)
(左側がレオナルドが描いた天使)
この作品は現在フィレンツェのウッフィツィ美術館に収蔵されています。
出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)

♦デッサン画「Il Paesaggio con fiume 河のある景色」1473年8月5日
同美術館の「デッサンと版画の部屋」には、工房での修行時代に描かれた初期のデッサン画も収蔵されています。

Paisagem_do_Arno_-_Leonardo_da_Vinci
出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)

♦「Annunciazione 受胎告知」
またレオナルド初期の傑作のひとつ、「受胎告知」も収蔵。

1024px-Annunciation_(Leonardo)_(cropped)
出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)

♦「 東方三博士の礼拝 Adorazione dei Magi」
1481年から1482年に制作されたレオナルド・ダ・ヴィンチのもう一枚の傑作、「東方三博士の礼拝」作品も、長い修復作業を終えて、2017年より展示しています。
949px-Leonardo_da_Vinci_-_Adorazione_dei_Magi_-_Google_Art_Project

出典:ウィキメディア・コモンズ (Wikimedia Commons)

≪フィレンツェ:レオナルドと豪華王ロレンツォ≫
15世紀末フィレンツェは偉大なる人物により統治されました。
それは芸術を愛した文芸保護者ロレンツォ豪華王(Lorenzo il Magnifico)。
レオナルドは日々の生活風景をノートにスケッチしていました。
手始めに描いたフィレンツェの若い女性達の顔から、聖母子を描く着想を得ていました。
道に佇むのが、彼の絵画のヒントを見つける手段であり、行き交う人々、悪習、善行、美、退廃、若さ、老いを観察しました。
RTEmagicC_Uomo_e_donna_affrontati_-_Uffizi_200_01.jpg
彼は嫌いな人物達の顔立ちを歪めて描くことにより、数百年前に、逆説的で嘲笑的な効果をもたらすカリカチュア表現技術を発明していたのです。
いえ、実際のところレオナルドは、有力者にこびへつらい力を得ようとする人々を嫌悪していたので、カリカチュア表現で外見というより、真の内なる姿を描くことで、嫌悪感を晴らしていました。
14年間のルネサンスの栄光時代を過ごした後、レオナルドは権力者に仕えようと、フィレンツェを去る決心をします。
当時の政治体制は軍事技術強化を図っていました。
その中で、目を付けたのが、スフォルツァ宮廷。
メディチ家とも同盟を結んだスフォルツァ宮廷は、芸術的名声に感度が高くさらに軍事設備へ関心があり、レオナルドは熱い想いを抱き、ミラノへと旅立っていきます。

次回はミラノ時代へ。
ローマ本局サイト情報より

photocontest Firenze galleria degli uffizi
フォトコンテスト応募作品より。

本サイトあるいは本サイトに包括されているサードパーティーの媒体は、クッキーポリシー内に記載された機能及び目的達成のために必要となるクッキーを利用します。
さらなる詳細を確認する、あるいは、関連する一つあるいはいくつかのクッキーへの承認を無効にするには、クッキーポリシーをご参照ください。
このバナーを閉じる、本ページをスクロールする、リンクをクリックする、あるいはその他方法でのナビゲーションに従うと、クッキー使用を許可したことになります。