イタリアの旅:オススメの旅

ミラノの夜を楽しむ

milano 1

milano 2

おしゃれに楽しむ

世界中の観光客を魅了するミラノの街。
日中の観光を楽しんで一息、地元のお店でゆっくりしたい、でも自分にあったスポットを探すのが難しい。
滞在ホテル近くにある地区ってどんなところ?
そんなお悩みに、ミラノ市観光局よりワンポイントアドバイスをいただきました。

ミラノの各地区で楽しめるバー、パブ、ビール工房、レストランなどは、地区ごとに雰囲気や年齢層も異なります。
ハッピー・アワーやアペルティーヴォの時間を迎える18時頃、地元の人はどのエリアで楽しむのでしょうか?
自分に合った夜の時間を楽しめる各エリアの特徴をご案内いたします!
**地区は主要通りに沿っているため、グーグルマップは大まかな地区がリンクされています。

ブレラ地区
ミラノ大聖堂にも、ショッピングスポットにも近いブレラ地区。
アカデミア美術館があり芸術エリアとしても知られ、世界のアーティストが通うインターナショナルでボヘンミアンな熱を帯びています。
クリエイティブでアートな世界を味わいたい人お勧め。

 

気軽に楽しむ

雰囲気も楽しむ

コルソ・センピオーネ地区
時代の先端を知りたいキャリアのある若者や、各職種の専門家などが好んで通うエリア。
ここでは熟練のバーテンダーが作った美味しいアペルティーヴォやムーディーな音楽が楽しめます。

コルソ・コモ地区ガリバルディ地区
高層ビルなどの現代建築が軒を連ねるエリアの中心とも言える、ガエ・アウレンティ広場。
最新のクラブが多く集まり、スペクタクルな体験、優雅さや探求心、グラムールを楽しめるお店があるエリア。

イゾラ地区
古くから職人や労働者が集まる地区だったイゾラ地区は、現在、お店の雰囲気も一新し、新しい地区へと生まれ変わりました。
地元の人が気軽に楽しむアペルティーヴォや食事ならこのエリアへ。
そしてジャズを楽しみたい人にもお勧めの場所。
ブルーノートなど、国内外のアーティストのライブが楽しめるライブハウスもこのエリア。

運河で風にあたりながら

運河で風にあたりながら

ポルタ・ロマーナ地区
1980年代スタイルの音楽や雰囲気を味わいたい人、そしてミラノならではの味覚を味わうことができるレストランもならこのエリア。
友人とおしゃべりしながらカウンターで飲んだり、風にあたりながら飲んだり。。。気に入ったスタイルで楽しもう。

ナヴィリオ地区
ミラノ人が愛するスポットのひとつ。
老いも若きも、運河沿いにあるバー、パブ、クラブで楽しみ、カクテル、料理&音楽を満喫。
運河の上で食事も可能。伝統的なメニューから、流行の新しい料理まで楽しめます。

コロンネ・ディ・サン・ロレンツォ地区
“じゃあ、コロンネで会おう(Ci vediamo alle Colonne)”とミラノっ子がいえばこのエリア。
ヴェトラ広場とモリーノ・デッレ・アルミ通りの間にあるこの地区で、若者はビール片手に立っても座っても、歴史の味わいたっぷりの雰囲気を楽しみます。
ローマ時代の痕跡を残す有名なサン・ロレンツォ聖堂がある場所です。

わいわい賑やかスタイルも

賑やかスタイルも

ランブラーテ地区
ブラックビール、レッドビール、ゴールドビール。。。あらゆる種類のビールがそろうエリア。
小さなイギリスパブ、職人ビールを取り扱うお店など、盛りだくさん。
夕食にも、食後の一杯にももってこいのエリアです。

≪便利情報≫
ミラノ・メトロマップ
ミラノアプリダウンロード

情報元:ミラノ市観光局
公式サイト    フェイスブック    ツイッター    You Tube