イタリアの旅:オススメの旅

城塞都市パルマノーヴァ

街を囲む9角形の城壁

街を囲む9角形の城壁

 

旧市街への入り口のひとつ、ウーディネ門

旧市街への入り口のひとつ、ウーディネ門

イタリア北部フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州は、スロベニア、オーストリアと国境を接する州です。
歴史的にもその地理的条件から、多くの民族の影響を受けてきた場所。その中で作られた街パルマノーヴァ(Palmanova)は、州内のほぼ中央にあります。印象的なのは、まずその街の形。
15~17世紀に建築された城壁は、当時影響力を持っていたヴェネツィア式軍事建築の傑作です。外部の異民族の侵略、特にトルコからの侵略を防ぐために作られた城壁は正確な9角形の星型。その中央には6角形のグランデ広場が配置され、広場に向かって通りが伸びる様子は空撮からも見てとれます。(グーグルマップでもその星型が!お試しください!)

ウーディネ門の見張り台からは、周囲一帯を見渡せます。

ウーディネ門の見張り台からは、周囲一帯を見渡せます。

 

街への主要な門は3つ。同じ州内の街の名前を持つアクイレイア門、ウーディネ門、チヴィダーレ門は、旧市街へと続きます。

グランデ広場を囲むヴェネツィア様式の建築物、そして17世紀初頭に建設された大聖堂は、街の重要な建造物。

この街は、今年(2014年)2月にユネスコ世界遺産候補となり、その重要性が注目されています。

街の中心グランデ広場

街の中心グランデ広場

 

アクセス
空港:日本から直行便有りのヴェネツィア空港から。またはヨーロッパからならトリエステ空港から。
ヴェネツィアからは、電車で約2時間。
トリエステからは、電車で約1時間弱。

情報元:フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州観光局