イタリアの旅:オススメの旅

イヴレアのカーニバル

23_I CARRI
2018年に加わった新しい世界遺産のある街、イヴレア。
イタリアのカーニバル、と言えばヴェネツィアが有名ですが、イヴレアのカーニバルも人気イベントの一つ。
時々テレビなどでも紹介されているこのカーニバルの特徴は、なんといってもオレンジ戦争!

≪その起源≫
1700年代に始まった祭りは、1200年代の中世期の圧政からの解放を祝うものでした。
このイベントの中でも一番有名で注目されているのが、オレンジ合戦。
戦いの中心となるのがヴェッゾーサ・ムニャイア。
人々が専制政治に対抗し、勝ち取った自由の象徴です。
21_ GLI ABBA

≪ヴェッゾーサ・ムニャイアとは≫
直訳で、粉屋の美しい娘。
粉屋の娘ヴィオレッタはとても美しく、将来をトニオットと結婚の約束をしていました。
しかし当時の人々を苦しめていた領主と結婚をしなくてはならくなりました。
結婚初夜、彼女は意を決して城に上り、懐に忍ばせた短剣で夫(領主)を殺害。
首を取ってそれを城から人々に知らしめました。
これが引き金となり、人々は反撃し、自由を勝ち取った、と言われています。
祭りには1858年から彼女が象徴として現れるようになりました。

シンボルのヴェッゾーサ・ムニャイアは、毎年選出されます。
2_LA VEZZOSA MUGNAIA_ph ALWSSIO AVETTA

≪オレンジ合戦≫
11_ BATTAGLIA__ph_MASSIMO_SARDO

お祭りのクライマックスに3日間繰り広げられるオレンジ合戦。
これは当時の反乱を再現しており、9つのチームに分かれた人々が当時の支配者に見立てた兵士たちに向かってオレンジを投げつける、というものです。
そもそもオレンジが投げつけられるようになったのは、1800年代中盤のことで、それ以前は豆(インゲン豆)が使われていたそうです。

写真は支配者チーム
8_LA BATTAGLIA_ ph_Alessio Avetta

白熱する戦い
12_battaglia delle arance stretta di mano

≪グルメ≫
歴史行列、オレンジ合戦、もさることながら、食事も必見。

♦ファジョラーテ
カーニバルの前の日曜日には、町の地区ごとに大鍋で炊くファジョラーテ(豆煮込み)が登場。
中世のころにさかのぼるこの料理は、今も引き継がれる昔からのこの地域の伝統料理。
7,100kgものインゲン豆をおよそ6時間、豚肉などと煮込むことであったまるグルメが完成。
29_cottura fagioli
30_distribuzione fagioli

♦ポレンタ、メルルッツォ(魚)、玉ねぎの煮込み
これも伝統料理で、70年前から提供。期間中の指定日程に楽しむことができます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

≪補足≫
現在、オレンジ合戦に参加することもできます。
また中に入るのは、という方でも、見学席も用意されています。(有料)
詳細は公式サイトにて。

≪アクセス≫
州都トリノから電車で約1時間。

≪2019年の開催日程≫
2019年3月2日~5日
現在公開されている内容はこちら

13_BATTAGLIA IN PIAZZAdiCITTA_ph_MASSIMO_SARDO