pro loco roma capitaleローマの中心、チルコマッシモ近くに位置する市立バラ園。
約1100種類のバラが植えられており、世界中のバラを楽しむことができるボタニックガーデンとして知られます。
またアヴェンティーノの丘に沿っているため、パラティーノの丘、聖マリア・イン・コスメディン教会(真実の口がある場所)、シナゴーグなどが眼下に広がり、バラ越しにヴィットリオ・エマヌエーレ2世記念堂など、街のパノラマが楽しめる隠れたビュー・スポット。

≪期間≫2015年10月4日~18日
≪時間≫
月~木曜:09.00 ~ 16.00
金~日曜:09.00 ~ 18.00

入場料:無料

≪その歴史≫
花の神フローラに捧げられた神殿があったと言われ、紀元前3世紀頃には花が絶えない場所でした。その後16世紀までは菜園やブドウ畑などが作られたり、17世紀中ごろにはユダヤ人たちの菜園が作られたりしましたが、20世紀中ごろにローマ市バラ園となりました。

場所はこちら:Via di Valle Murcia, 6, 00153 Roma

 
Roma-Roseto-comunale

本サイトあるいは本サイトに包括されているサードパーティーの媒体は、クッキーポリシー内に記載された機能及び目的達成のために必要となるクッキーを利用します。
さらなる詳細を確認する、あるいは、関連する一つあるいはいくつかのクッキーへの承認を無効にするには、クッキーポリシーをご参照ください。
このバナーを閉じる、本ページをスクロールする、リンクをクリックする、あるいはその他方法でのナビゲーションに従うと、クッキー使用を許可したことになります。