santa maria antiqua

予約公式サイトより

ローマ帝国とビザンツ帝国との時代の狭間に存在したサンタ・マリア・アンティクア(Santa Maria Antiqua)教会。
1980年代より修復作業に入って以来、一般公開されるのは実に30年ぶりのことです。

≪公開日程≫
2016年3月17日~9月11日

≪その重要性≫
教会の壁面には、6~9世紀に描かれた当時キリスト教世界唯一の痕跡が残ります。
当時はこれまでのローマ帝国が東西2つに分かれ、ローマ帝国とビザンツ帝国が存在した時代。
ビザンツ帝国は聖像禁止令時期にあったため、同年代の多くの作品がその当時消されてしまったことから、当時の絵画を見知りすることはとても難しくなっています。
そのためこの教会に残る痕跡はローマ帝国だけでなく、ギリシア・ビザンツ世界の絵画技術の発展を知ることができる貴重な資料でもあります。

≪チケット情報≫
オンラインにて購入可能(チケット購入で並びたくない人向け)
*現地でも購入可能。

≪場所≫
フォロ・ロマーノ‐パラティーノ内部(大体の位置関係)