サン・マウリツィオ教会内

サン・マウリツィオ教会内

先日ご紹介したミラノでの教会コンサート情報ですが、そのうち中世を起源にするミラノのサン・マウリツィオ教会でのコンサートの詳細が分かりましたので、別途ご案内いたします!
毎週木曜日のコンサートです!

場所サン・マウリツィオ教会

【教会の簡単な歴史紹介】

教会に隣接し、現代は考古学博物館となっている回廊式の中庭があります。
この回廊はミラノで最も古く大きかった女子修道院マッジョーレ修道院の残存部分です。
修道院の起源は8~9世紀ごろ、そして現在残る教会は1503年に着工されたものです。

♦2016年7月7日20:30~
ファンタジー・クアルテット(オーボエ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)
ミラノ・ヴェルディ音楽院生徒協力

♦2016年7月21日18:30~
ヴァイオリン奏者とチェロ奏者とともに教会訪問

♦2016年9月8日20:00~
バッハ曲をチェロで

♦2016年9月15日18:30~
チェロ奏者とハープ奏者とともに教会訪問

♦2016年9月22日20:30~
オルガンコンサート

♦2016年9月29日20:30~
声楽コーラス

♦2016年10月13日20:30~
バッハコンサート
ミラノ・ヴェルディ音楽院生徒協力

♦2016年10月27日20:30~
ハープコンサート
ミラノ・ヴェルディ音楽院生徒協力

♦参加料金:無料。席がなくなり次第受付終了。

企画:Touring Club e Conservatorio di Milano