イタリアの旅:行き先でさがす

カラブリア州


カラブリア州概要

州都:カタンザーロ
人口:約1,980,530人(2014年)
ブーツのつま先部分にあるカラブリア州。イオニア海とティレニア海に挟まれ、また山にも恵まれた州です。
目の前にはシチリア島が控えるレッジョ・カラブリアには、紀元前5世紀のギリシャのブロンズ像、「リアーチェの戦士像」が保管され、岩壁の教会と美しい海が印象的なトロペア、ビザンティン勢力が山腹に建設したカタンザーロ、奥地にひっそりと10世紀の礼拝建築が残るスティーロ。古代ギリシャから今に至るまでの古い歴史が、自然とともに守られてきた場所には、多くの修道院、古城などが点在しています。

カラブリア州の位置

カラブリア州の位置

ギリシャ劇場とシッラの海岸

またカラブリア州の海岸線は美しく透明な海の美しさでも有名です。豊かな自然に恵まれ、その自然を守り続ける場所の一つ。州内にはいくつもの国立公園が点在しています。

シーラ国立公園
シーラ国立公園は、イタリアで最も美しい国立公園です。北にあるのが、標高1925mのボッテ・ドナト山(Botte Donato)を中心に広がる、「シーラ・グランデ(Sila Grande)」。特徴は、動物の種類が多いこと。イノシシ、アカリス、オオカミ、ノロ、トビなどといった、様々な動物が生息しています。そこから少し南に下がった位置にあるのが、「シーラ・ピッコラ(Sila Piccola)」。ここは風景の美しさが印象的。

ポッリーノ国立公園
隣のバジリカータ州と州境に位置する国立公園。カラブロ−ルカーノ(Calabro-Lucano)公園とも呼ばれる。
Tel: +39.0973.669311
Email: ente@parcopollino.it

アスプロモンテ国立公園
カラブリア州のつま先部分、レッジョ・カラブリアからすぐに内陸に入った場所に位置する国立公園。街には多くの修道院があることでも知られています。
Tel.+39 0965-743060
Fax.+39 0965-743026 
E-Mail:info.posta@parcoaspromonte.gov.it

アスプロモンテ国立公園とクロトーネの遺跡

クロトーネ海洋保護地区
その豊富な自然遺産、生育する貴重な海洋植物を守るため、進入が一部制限されている保護地区。地区内の水族館では貴重な自然環境を目にすることができます。

セッレ国立公園
貴重なチョウ類や、多くの動植物を楽しむことができます。

イベント

ヴァリアの祭り Festa della Varia
場所:パルミ
時期:8月16日〜最終日曜日(山車の移動は最終日)
1500年代、信仰の篤い人々が、出来る限り神に近付きたいと、高い山車をつくり、その上に聖母マリア、使徒などの像を乗せたことが起源。お祭りでは、円錐形の巨大な山車の上には、聖なる人物などに扮した人々が実際に乗ったまま移動します。

カラブリア州の食

カラブリア州と言えばペペロンチーノ。スパイスの効いた料理が一般的です。しかもペペロンチーノ種類も様々。

カラブリア料理のアクセントのトウガラシと、地元特産品を売るお店(トロペア)

お勧め郷土料理

小魚のフライ、ブルスケッタのイワシ添え、カラブリア州産パンチェッタ(ベーコン)を使ったアマトリチャーナ・パスタ、サルシッチャ(ソーセージ)など。またあらゆる肉料理(牛、子牛、豚、子羊)が楽しめます。もともと豊かな土地ではなかったこともあり、野菜料理の種類が豊富。

海の幸が豊か。写真はメカジキ。

海の幸が豊か。写真はメカジキ。

ワイン

ポッリーノ(赤)、サヴート(辛口の赤)、ドンニーチ(辛口の赤)、チロー(白・赤・ロゼ)、エザレ(白)など。シーラ山に沿って広がるワイン畑から採れるワイン巡りもお勧め。

シーラ山に沿って広がるワイン畑

シーラ山に沿って広がるワイン畑

その他のお勧め

トロペアの赤玉ネギ、シーラ山地のポルチーニ茸、カポコッロ(サラミの一種で豚の後頭部から背にかけての部位を様々な香辛料と一緒に熟成)、ベルガモットベースのリキュール、はちみつなど。

トロペアの赤玉ネギ,地元の柑橘類,特産のお菓子

カラブリア州の街

大聖堂

大聖堂

レッジョ・カラブリア Reggio Calabria

街自体は、古代ギリシャ時代からの長い歴史をもち、南イタリアでも屈指の国立博物館があります。
「リアーチェのブロンズ像」と呼ばれる2体の兵士像がとても有名。前5世紀頃のギリシャのオリジナルで、重要度の高い作品です。

レッジョ・カラブリアの詳細をみる

教会と海を望む

教会と海を望む

トロペア Tropea

レッジョ・カラブリアから140km。列車で約2時間。40mの絶壁の上に建つ町で、その下の蒼く美しい海と、砂浜に突き出た岩山の頂上に建つサンタ・マリア・デッリゾラ教会が印象的です。

街の中心にある大聖堂は、13世紀の柱廊が残り、その後にバロック様式も取り入れられました。内部には15世紀の木製の「磔刑像」、ルネサンス様式の聖母子像、14世紀に制作され16世紀に修復された板絵など、当時を知ることのできる貴重な作品が保存されています。

サンタ・マリア・デッリゾラ教会

サンタ・マリア・デッリゾラ教会

カットリカ

カットリカ

スティーロ Stilo

レッジョ・カラブリアから147㎞。丘の上に建っている10世紀のちいさな教会「カットリカ(Cattolica)」は、四角形プランの上に円筒形の5つのクーポラがのっている、独特な建造物です。

街からの景色

街からの景色