イタリアの旅:行き先でさがす

エミリア・ロマーニャ州


エミリア・ロマーニャ州概要

州都:ボローニャ
人口:約4,448,880人(2017年)

日本でもおなじみの「ボロネーゼ・パスタ(ミートソースのパスタ)」はこの州の州都ボローニャ発。
イタリアでも特に食通の州として知られ、パルマの生ハムやチーズ(パルミジャーノ・レッジャーノ)の他、手打ちパスタ、トルテッリーニやソーセージ、モデナのバルサミコ酢など美味な食材が豊富です。

エミリア・ロマーニャ州の位置

エミリア・ロマーニャ州の位置

ボローニャのネプチューンの噴水とパルマの大聖堂

ビザンティン帝国の古都で世界遺産のモザイクの街ラヴェンナ(Ravenna)や、ルネッサンス文化の花咲いた世界遺産のフェッラーラ(Ferrara)、芸術の街パルマ(Parma )、レッジョ・ネッレミリア(Reggio nell’Emilia)、アドリア海沿いのリミニ(Rimini)、世界遺産の聖堂、塔、広場が美しいモデナ(Modena)、陶器の街ファエンツァ(Faenza)などの文化的な街が多数あります。

フェッラーラの市庁舎とファエンツァの伝統陶器

ヴェルディやトスカニーニ、パバロッティなど偉大な音楽家を輩出した州であり、また小さな丘上の独立国サンマリノ共和国(San Marino)へはリミニが玄関口。

交通案内

各街へはトレニイタリア社の列車が便利です。
Bonellibus:リミニ〜サンマリノ共和国を結ぶバス会社。またその他の各地(フィレンツェ、ローマなど)と、夏のシーズン限定で運行。

エミリア・ロマーニャ州の食

生ハム

生ハム

美食の州エミリア・ロマーニャ。ボロニェーゼソース、パルミジャーノチーズなど、日本人にもお馴染みの食材、料理のもととなっています。

お勧め郷土料理
トルテッリーニ(モルタデッラ・ソーセージ、生ハム、子牛の肉、パルメザンチーズなどの具を詰めたパスタ)、トルテッローニ(リコッタチーズとホウレンソウなどの具を詰めたパスタ)、ラビオリ(パスタの中にチーズや野菜の具を詰めたもの)、ラザーニャ(日本でも知られるラザニア)。ボローニャ風カツレツ(ハムとチーズとトリュフが入ることも)、クロゼッティ(円盤型のパスタをプレスしたもの)、カッペッラッチ(ペーストしたカボチャを詰めたパスタ)、サラーマ・ダ・スーゴ(フィレ肉、牛肉、タンに赤ワインで作ったソーセージ)、ザンポーネ(モデナ伝統料理で、豚の足の皮に肉をつめたもの)、エルバッゾーネ(主にホウレンソウを詰めた味付けパイ)、ピアディーナ(円盤型の無発酵パンにハムやチーズを挟んだもの)などなど。

ワイン
ランブルスコ(赤の発泡ワイン)、グットゥミオ(赤の微発泡)、バルベーラ(赤)、ソーヴィニヨン(赤)、トレッビアーノ(白)、サンジョヴェーゼ(赤)など。その他のお酒には、ラウリーノ(ローレルの葉を使ったリキュール)、ノチーノ(クルミの緑の皮から作ったリキュール)。

その他のお勧め
ボローニャなら、モルタデッラ(ソーセージの一種)、ピアチェンツァのパンチェッタ(ベーコン)、そして生ハムでは、パルマ、ランギラーノLanghirano、そしてジベッロのクラテッロが大変美味で有名です。

パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズとフルーツ盛り合わせ
パルマ一帯のパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ。また干潟地域(ヴァル・ディ・コマッキオ)の鰻も美味しい。そして忘れてならないのがモデナ産バルサミコ酢。料理だけでなくチーズやアイスとも相性抜群です。

便利リンク

  
パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会(工場見学情報など) 

エミリア・ロマーニャ州東部の街

マッジョーレ広場

マッジョーレ広場

ボローニャ Bologna

州都。欧州最古のボローニャ大学のある学芸都市。そして食の宝庫。日本でも「ボロニェーゼ」として有名なラグーと呼ばれるミートソースのパスタや、トルテッリーニ、モルタデッラソーセージと言えばこの街です。ポルティコの多い街並みの散策も楽しみ。

ボローニャの詳細をみる

サンタポッリナーレ聖堂

サンタポッリナーレ聖堂

ラヴェンナ  Ravenna

西ローマ帝国、ビザンティン帝国の古都であったラヴェンナには、世界遺産にも登録されている6〜7世紀の鮮やかな素晴らしいモザイクが各所に残されています。またこの地で没した神曲の作者ダンテの墓もあります。便利なモザイクスポット案内
  
世界遺産:ラヴェンナの初期キリスト教建築物群をみる

サン・ヴィターレ聖堂

サン・ヴィターレ聖堂

フェッラーラの大聖堂

大聖堂

フェッラーラ  Ferrara

見どころ:当時の巨匠ピエロ・デッラ・フランチェスカやマンテーニャ等がエステ家の屋敷を絵で飾りました。1492年から「理想都市」をめざして街が拡張され、新しい街づくりが進められましたが、今もその都市設計に基づいた美しい街並が残っています。
 
世界遺産:ルネッサンス期の市街とポー河デルタ地帯

リッチョーネの海岸

リッチョーネの海岸

リミニ  Rimini

横に長いエミリア・ロマーニャ州の海との接点、アドリア海に面する海辺のリゾート地。
近郊にあるリッチョーネ(Riccione)とともに、夏には多くの海水浴客や若者でにぎわいます。若者向けトレンディスポットの他にも、リミニはまたマラテスタ家の寺院やシスモンド城など歴史的な建造物などの見どころも多くあります。

イベント

ボローニャ国際絵本見本市  Bologna Children’s Book Fair
場所:ボローニャ
時期:3月頃
児童図書のための世界的に有名なブック・フェア。また世界の絵本画家、イラストレーターの登竜門のひとつである原画コンクールも開催され、世界中から応募された作品の中から受賞作品が決定します。

フェッラーラの夏  Ferrara Estate
場所:フェッラーラ
時期:夏季(7〜8月)
映画上演とコンサートのイベント

トリュフ祭 Sagra del Tartufo
場所:ドヴァドラ(フォルリ−チェゼーナ県)
時期:10月第3・4日曜日
トリュフを使った料理のコンテストや音楽、踊りなどが行われます。

ボローニャ・ジャズ・フェスティバル  Bologna Jazz Festival
場所:ボローニャとその近郊
時期:10〜11月頃
世界からアーティストが参加し、秋のボローニャを盛り上げます。

ラヴェンナ・フェスティバル  Ravenna Festival
場所:エミリア・ロマーニャ州ラヴェンナ
時期:夏季6- 7月を中心に開催)
町の教会や劇場を会場に開催される国際的芸術祭。

エミリア・ロマーニャ州食の街

パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズなら

生ハム

生ハム

パルマ Parma

音楽・芸術の街であるだけでなく、イタリアの食はパルマにある、とまで言う人がいるくらい食文化で有名。特にパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズは絶品で、様々な料理が楽しめます。またプロシュット・クルード(生ハム)も絶品、香り高いバラ色のハムは一度食べて頂きたい一品です。

その他にパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズを生産している地域は、レッジョ・エミリア、ボローニャ、マントヴァ、モデナ県があり、厳密にその生産方法などが規定されています。チーズ製造過程見学や試食もできる工場もあり人気です。
各地域の生産農家・工場や「県別パルミジャーノ・レッジャーノ街道」などの情報はこちらから

バルサミコ酢なら

モデナ
モデナ Modena

エステ家が長く中世から近代にかけて統治した街。伝統的なバルサミコ酢の産地としても有名で、その美味しさは食通をうならすほど。またモデナの近郊にはフェラーリやランボルギーニといった有名なスポーツカーの会社・工場・ギャラリーもあります。

見どころ:中世の建築物を多く残すこの街は、ロマネスク建築で有名です。大聖堂やギルランディーナ(鐘楼)のあるグランデ広場は、その美しさから世界遺産にも登録されています。
世界遺産:モデナの大聖堂、トッレ・チヴィカとグランデ広場

生ハムなら

ピアチェンツァ
ピアチェンツァ  Piacenza

パルマだけでなく、州自体も美味しい生ハム・サラミ類の生産で有名ですが、中でも注目はこのピアチェンツァ。

18世紀にはスペイン王族などにも食され愛されていたピアチェンツァのサラミや、古代ローマには既に食され、ここを中心にイタリア全土へ普及していったパンチェッタ(ベーコン)は欠かせません。

食の博物館

この州の特産物の製造工程を知り、出来たて製品の試食も楽しめる場所が点在しています(試食は有料の場合あり)。

パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ博物館:場所はソラーニャ(パルマ郊外)。

プロシュット(生ハム)博物館:場所はランギラーノ(パルマ郊外)。
ハムだけでなく、パルマ周辺で生産されているワインも試すことができます。試食・試飲の場合は予約がお勧め。

サラミ博物館:パルマ郊外のフェリーノ。場所が少し不便なため、博物館提携のツアーがお勧め。
Cooperativa Parmigianino
メール:coop.parmigianino@tin.it

全ての博物館で、訪問はグループの場合は予約必須。冬季の開館が限られるため、各博物館へ確認が必要です。
アクセス:パルマから各方面行きのバス。運行は交通局

ご存じパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ

ご存じパルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ

エミリア・ロマーニャ州音楽の街

ガリバルディ広場

ガリバルディ広場

パルマ  Parma

芸術文化の香る町でもあり、ヴェルディやトスカニーニなど音楽家所縁の地としても知られています。オペラの巨匠ジュゼッペ・ヴェルディゆかりの地は、パルマとその郊外にあり、ブッセート(Busseto)のヴェルディ劇場、ロンコレ(Roncole)村の生家、サンタガタ(Sant’Agata)の別荘を世界中の愛好家が訪れます。

ドゥカーレ宮殿とロンコレ村のヴェルディの生家
パルマ市内の見どころ:ドゥオーモ(Duomo:大聖堂)のクーポラを飾るコレッジョの天井画やアンテラミの彫刻、洗礼堂、ピロッタ宮殿内国立美術館所蔵のパルミジャニーノ、コレッジョ、ダ・ヴィンチの作品、美しい木造の「ファルネーゼ劇場」も一見の価値があります。音楽ファンは格式あるレージョ歌劇場や、トスカニーニ博物館などへのご訪問もお勧めです。

ブッセートのヴェルディ像

ブッセートのヴェルディ像

ブッセート  Busseto

オペラの巨匠ジュセッペ・ヴェルディゆかりのもう一つの地。ヴェルディ劇場や美術館、ロンコレ村の生家、サンタガタの別荘などがあり、世界中の愛好家が訪れます。

イベント

ヴェルディ声楽コンクール  Voci Verdiana
場所:ブッセート
時期:6月
世界中から多くの若手オペラ歌手が参加する声楽コンクール。

ヴェルディ・フェスティバル  Verdi Festival
場所:パルマのレージョ歌劇場を中心に州内の歌劇場
時期:10月頃

パルマ・ジャズ・フェスティバル  Parma Jazz Festival
場所:パルマ
時期:11〜12月頃