イタリアの旅:行き先でさがす

ロンバルディア州


ロンバルディア州概要

州都:ミラノ
人口:約10,019,166人(2017年)

ファッションの街、ミラノのある州。ミラノから南へは、芸術都市が点在しており、ブレシャ(Brescia)や、丘上の芸術都市ベルガモ(Bergamo)、ヴァイオリンで名高いクレモナ(Cremona)といった有名な街の他にも、北イタリア・ルネッサンスの中心ともなった世界遺産のマントヴァ(Mantova)、修道院が印象的なパヴィア(Pavia)、ダ・ヴィンチが設計した広場が美しいヴィジェヴァノ(Vigevano)、 小さいながらも「理想の街」と称される世界遺産のサッビオネータ(Sabbioneta)などの歴史と文化の香り高い街があります。

ロンバルディア州の位置

ロンバルディア州の位置

ミラノの大聖堂とパヴィア僧院

北部には広大な湖水地帯が広がり、コモ湖(Lago di Como)やガルダ湖(Lago di Garda)など絵画のような湖畔の風景が世界中の観光客を魅了します。ガルダ湖畔のシルミオーネ(Sirmione)は世界遺産や遺跡、温泉もあるリゾート地です。

ブレシャとコモ湖湖畔の街

山間部では、先史時代の線描岩絵が残るヴァル・カモニカ(Val Camonica カモニカ渓谷)や、世界遺産はレーティッシュ鉄道ベルニナ線の始発地となるティラーノ(Tirano)といった見どころがあります。

交通案内

州内の街には鉄道が通っています。

イベント

国際ピアノフェスティバル Festival Pianistico Internazionale
場所:ブレシャ、ベルガモ  
時期:4〜6月
ブレシャ出身著名ピアニスト、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリにちなんで開催される国際フェスティバル。

ミッレ・ミリア Mille Miglia
場所:ブレッシャ発着で各地へ  
時期:5月
クラッシック・カーが数日にわたりブレシャを発着点として折り返し点ローマ間のイタリア各地の公道を走る華やかなレース。

MITO ミラノ、トリノ、9月音楽祭 MITO Settembre Musica
場所:ミラノ、トリノとその周辺都市  
時期:9月
200以上の演目が上演される注目の音楽祭。充実したプログラムが用意されます。

F1 イタリア GP – Forumula 1 Gran Premio d’Italia
場所:モンツァ  
時期:9月第2土曜・日曜
スポーツカーの世界レースの代表的存在のひとつエフワン。イタリア・グランプリはモンツァで開催され、世界からの有名なレーサーとそのスポンサーが、腕を競います。

ロンバルディア州の食

おしゃれなミラノのレストラン楽しむ発泡酒

おしゃれなミラノのレストラン楽しむ発泡酒

農業生産が実は盛んなロンバルディア州。州内には米地帯も広がり、新鮮な食材が手に入ります。

お勧めの郷土料理
ミラノ風リゾット(サフランリゾット)、パヴィア風スープ(卵、パン、チーズ入り)、カゾンチェッリ(ホウレンソウ、肉などを詰めたパスタ)、ピッゾッケリ(そば粉のパスタ)、ポレンタ・タラーニャ(そば粉とトウモロコシ粉)、コテキーノ(煮て食べるサラミ)、オッソブーコ(子牛のすね肉煮込み)、ズッパ・ディ・トリッパ(モツのスープ)、ミラノ風子牛のカツレツなど。お菓子では、パネットーネ(クリスマスに食べられるケーキ)が有名です。

ワイン

フランチャコルタを生産するブドウ畑

フランチャコルタを生産するブドウ畑

ボナルダ(微発泡赤)、オルトレポー・パヴェーゼ(微発泡赤)、ヴァルテッリーナ・スペリオーレ(赤)、スカンゾ(赤)、ガルダ・クラッシコ(赤)、フランチャコルタ(発泡白)、セビーノ(赤)など。

その他のお勧め
ヴァルツィ産サラミ、ブリアンツァ産サラミ、ゴルゴンゾ—ラ・チーズ、グラーナ・パダーノ・チーズ、ビット・チーズ、クアルティローロ・ヴァルパダーナ・チーズ、レバー入りモルタデッラ・ソーセージ、ガルダ産オリーブオイル、ラーギ・ロンバルディ産オリーブオイル

ロンバルディア州の湖

コモ湖 Lago di Como
ミラノからも約1時間。夏の避暑地として知られ、美しい別荘が湖畔沿いに建つコモ湖。
湖自体の面積は146平方メートルで、3つの部分に分かれたその形は、太古の氷河が長い時間をかけて削った地形から成り立っています。歴史は古く、紀元前5〜6世紀にケルト族の要塞都市として誕生し、その後古代ローマ帝国に組み込まれました。
湖の名前にもなっているコモの街に残る建物は、中世初期のロマネスク様式、そして多くがコモ伝統的建築と言われる新古典主義建築です。ロマネスク様式には、政庁舎(ブロレット)、サンタッボンディオ聖堂、サンタゴスティーノ教会の扉(建物はゴシック様式)、郊外のサン・カルポフォロ聖堂(赤ひげ皇帝バルバロッサにより建築)。

湖畔に建てられたオルモ荘は18世紀後半に建てられた新古典主義建築。湖には遊覧船が運航し、コモ以外の風光明媚な湖畔の観光の街(ベッラージョ、トレメッゾ、メナッジョ、レッコなど)を結んでいます。

コモ湖、美しい別荘邸が湖畔のあちこちに/イゼオ湖

イゼオ湖 Lago d’Iseo
山間部にある世界遺産のカモニカ渓谷から流れ出た氷河でできた湖で、地形も岩壁が見られる急斜面が多い。湖の真ん中に浮かぶのはモンテ島(モンテ・イーゾラ)。
ここでぜひ試してみたいのは、フランチャコルタ。イゼオ湖周辺で生産されている発泡性のワインです。

マッジョーレ湖 Lago Maggiore
隣のピエモンテ州とその面積を二分している湖。また一部はスイスの国境にもあたります。特に北部は険しい山が続くため、ロープウェイから湖を見下ろすのもお勧めです。

湖面にはベッラ島、ペスカトーレ島など美しいボッローメオ諸島が浮かびます。湖畔の街ストレーザから船で周遊できます。ヘミングウェイも滞在したこの街は夏には音楽祭も開かれます。

マッジョーレ湖

ガルダ湖 Lago Garda
ロンバルディア州を含む、3つの州に囲まれた湖。イタリアで最大の湖で、南側は海のような開放感があり、特にデゼンツァーノは、中でもこの湖の中心的な街で、夏のリゾートには最適です。また半島のように突き出した形をしたシルミオーネの街には、尖端には古代ローマ遺跡が、そして中心街は中世の城や街並みが残り、またイタリアでも有数の温泉地としても知られています。

湖畔のリゾート地シルミオーネ

湖畔のリゾート地シルミオーネ

交通案内

コモへはミラノ市内から、電車や私鉄ノルド鉄道で約1時間。

ロンバルディア州東部の街

ブレシャ
ブレシャ Brescia

古代ローマ遺跡からルネッサンス期の建築や芸術品まで見るべきものが多い街。また、世界的に有名なクラシックカーレース、ミッレ・ミリア(Mille Miglia)のスタート地点としても知られています。
見どころ:市立サンタ・ジュリア博物館がある複合建物の母体「サン・サルヴァトーレ=サンタ・ジュリア修道院」は8世紀ロンゴバルド王即位時期に創建され、世界遺産にも登録されました。
世界遺産:イタリアのロンゴバルド族:
権勢の足跡(568‐774年)

またブレシャ県にあるカモニカ渓谷には、世界遺産に登録された世界的にも稀な先史時代の岩絵が残されており、この州の歴史の深さを目の当たりにできます。
世界遺産:ヴァル・カモニカの岩絵群

洗礼堂

洗礼堂

ベルガモ Bergamo

オペラ音楽家、ドニゼッティの故郷として知られる中世の香り高い街。街は丘の上の旧市街(アルタ)と、丘のふもとで鉄道駅がある新市街(バッサ)に2分されています。城壁に囲まれた旧市街から、新市街へは、ケーブルカーで行くことができます。

見どころ:旧市街のヴェッキア広場周辺にはかつての政庁、ラジョーネ宮殿や、ティエポロのフレスコ画で飾られたコッレオーニ礼拝堂、サンタ・マリア・マッジョーレ教会がそびえ、当時の雰囲気をそのままに残しています。またカッラーラ絵画館も充実したコレクションを誇ります。

コッレオーニ礼拝堂

コッレオーニ礼拝堂

マントヴァの大聖堂

マントヴァの大聖堂

マントヴァとサッビオネータ Mantova e Sabbioneta

マントヴァとサッビオネータの町は、2つ合わせて世界遺産に登録されています。評価されたのは、時の支配者ゴンザガ家の強い指導力と影響下で、ルネッサンス的都市計画、そして建築美を具象化された点にあり、理想都市として知られています。

マントヴァはミラノの東150㎞にあり、3つの側を湖に囲まれた美しい中世都市で、ゴンザガ家の居城ドゥカーレ宮殿にはマンテーニャのフレスコ画で飾られた”婚姻の間“をはじめ注目すべき美術品が多く、また街の南にあるテ宮殿もゴンザガ家のもので16世紀の建築家ジュリオ・ロマーノにより建てられました。
世界遺産:マントヴァとサッビオネータ

ロンバルディア州西部の街

大聖堂

大聖堂

ミラノ Milano

州都でイタリア第2の都市ミラノは、国際的ファッション・経済の中心地。
見どころ:サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にあるレオナルド・ダ・ヴィンチのフレスコ画「最後の晩餐」(完全予約制) 、壮麗なドゥオーモ(大聖堂)、ミケランジェロ未完の作「ピエタ像」所蔵のスフォルツェスコ城、プレラ美術館、アンブロジアーナ美術館、オペラの殿堂スカラ座とその付属博物館など。

ミラノの詳細をみる

世界遺産:レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」
があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会と
ドメニコ会修道院

大聖堂

大聖堂

クレモナ Cremona

ミラノから約90㎞。中世に都市国家として栄えたクレモナは、アマーティ、ストラディヴァリウスなどの時代からヴァイオリン製作で世界的に有名な街。街の中心には美しいモニュメントに囲まれたコムナーレ広場があり、ロンバルディア・ロマネスク様式のドゥオーモ(12世紀は)と見事な鐘楼のトラッツォ(13世紀)が建ち、中世の面影が濃い広場です。

2013年にオープンしたホール併設の新しいヴァイオリン博物館も必見です。

クレモナではヴァイオリン工房見学も

クレモナではヴァイオリン工房見学も

パヴィアの美しい修道院

パヴィアの美しい修道院

パヴィア Pavia

ミラノの南25㎞。14世紀に建てられたヴィスコンティ城から川へ向かうヌオーヴァ通り周辺の旧市街に、この街の見所、サン・ミケーレ教会やドゥオーモがあります。
何と言っても有名なのは、華麗なファザードが目を引くロンバルディア・ルネサンス様式の傑作、チェルトーザ・ディ・パヴィア修道院。華やかな正面はロンバルディア・ルネッサンス様式の絢爛豪華な一大伽藍です。