イタリアの旅:行き先でさがす

モリーゼ州


モリーゼ州概要

州都:カンポバッソ
人口:約314,730人(2014年)

モリーゼはイタリアでもあまり知られていない秘密の隠された地域ですが、山が多く自然にあふれた心安らぐ州です。広大な緑の大地に羊が飼育されている風景がマイエッラ丘陵地や山岳地に次々にあらわれてきます。また豊かな土地から生みだされる素朴な料理は、味わい深いものがあります。

モリーゼ州の位置

モリーゼ州の位置

アニョーネの街/アニョーネは鐘の街

州都のカンポバッソ(Campobasso)には、15世紀のお城やロマネスク様式の美しい教会があります。
海辺の街テルモリ(Termoli)は、城塞に囲まれた中世風な街並みです。
モリーゼ州に残る歴史の跡で興味深いものには、先史時代(サムニウム人時代)、ローマ支配下のサムニウム人文化、中世以降の建築物などがあります。

カンポバッソ、モンフォルテ城と考古学地区セピヌム

交通案内

主要都市は鉄道が通っていますが、内陸などの自然地区はバス移動となります。

バス会社
ARPA(イタリア語のみ):州内の主要都市をつなぐバス。

長距離バス
Baltour:ミラノ、ヴェネツィアなどへの長距離バス。
ATM(イタリア語のみ):テルモリ〜ローマ/ボローニャを運行。
Cerella(イタリア語のみ):テルモリとナポリを結ぶバスを運行。
Associazione Centro Storico di Campobasso(イタリア語のみ):カンポバッソからイタリアの各地を結ぶバスの時刻表。

イベント

聖劇祭り Sagra dei Misteri
場所:カンポバッソ
時期:聖体祭(6月) Corpus Domini
聖劇を再現した場面に扮した人が山車に乗り、宗教行列が街中を練り歩きます。

タマネギ祭り Fiera delle Cipolle
場所:イゼルニア
時期:6月29日前後
1254年に起源を発するこの地の収穫を祝う由緒ある催事。タマネギが展示され祭りの主役となります。祭りの期間にイゼルニアで買ったタマネギは昔から薬のような効き目を持つと考えられてきました。

ザンポーニャ国際フェスティバル Festival Internazionale della zampogna di Scapoli
場所:スカポリ(イゼルニア県)
時期:7月終わり頃
ザンポーニャとは、特有のパイプ楽器。袋のような形をした空気口から空気を入れて音を出します。世界中から多くの音楽家が集まります。

ブドウ祭り Sagra dell’Uva
場所:カンポバッソ
時期:10月第1週
収穫祭を祝い、大きな樽などに詰められたブドウが街中に出現。そして噴水からもワインが。多くの観光客を驚かし、楽しませてくれるお祭りです。

タルトゥーフォ祭り Fiera del tartufo bianco
場所:サン・ピエトロ・アヴェッラーナ
時期:11月初旬頃
山の多いこの地域は、タルトゥーフォ(トリュフ)が採れることでも知られます。年に1度のタルトゥーフォ祭りを多くの人が楽しみにしています。

ノドッチャータ ‘Ndocciata
場所:アニョーネ
時期:12月8日と24日
世界で一番大きな炎を掲げるお祭り。元々はローマ時代に暗い夜道を松明を掲げて歩いていた地域であり、中世に入り、農民たちがクリスマスイブの夜に教会への道に松明を掲げたことに由来すると言われています。黒づくめの男性たちが、大きな松明を運ぶ様子は、とても不思議な印象を与えてくれます。

ノドッチャータ

モリーゼ州の食

豊かな自然

豊かな自然

古代の風景を感じさせる素朴な場所。羊の群れを導く山道は”草の道“とよばれ千年もの間牧草地をうまく利用してきました。歴史が積み重ねられた牧畜の経験はモリーゼ料理の活力ともなり、今もレストランやアグリトゥリズモなどで、素材そのものの味を大切にした簡素で濃厚な味わいのモリーゼ料理を楽しめます。

お勧め郷土料理
パンパネッラ(唐辛子付けのベーコンをオーブンで料理したもの)、サルシッチャ・フェラッツァネーゼ(唐辛子とフェンネル風味のソーセージ)、コッパ(豚のハムの一種)、ポレンタ(ミートソース和えや豚ソーセージと酢漬けピーマン和えなど)、詰め物パスタ(代表的なものは、カルチョーニ・パスタで、リコッタチーズ、生ハムなどが入ったパスタ)、子羊料理・子ヤギ料理(串焼きが多い)など。
お菓子には、カラニョーリ(ドーナッツのような揚げ菓子に蜂蜜をかけたもの)、ピチェッラーティ(大きなラヴィオリのようなオーブン焼き菓子で、中には煮詰めたブドウ汁、はちみつ、アーモンドで下ごしらえしたものが入っている)など。

ワイン、リキュール
ビフェルノ(白、赤、ロゼ)、ペントロ(白、赤、ロゼ)、モリーゼ・デル・モリーゼ(発泡白)など。リキュールには、オレンジとミカンの皮をアルコール漬けした砂糖クリーム酒のクレーマ・ディ・ポンチョ。

ワイン、リキュール

その他のお勧め
伝統チーズの製造/カチョカヴァッロ
オリーブ・オイル(主な生産地はコッレトルトとカーザカレンダ)、イゼルニア産タルトゥーフォ、パスタ(硬質小麦で作られたもの)、プロシュッティ・アッフミカーティ(燻製ハム、特にリオネーロ・サンニーティコ村産、またモンテーロ・ディ・ビサッチャ産)、白セロリなど。

トウモロコシの収穫

トウモロコシの収穫

また美味しい牛乳が生産されていることでも知られているため、ペコリーノ・チーズ、スカモルツァ・チーズ(一種のスモーク・チーズ)、ブッリーニ・チーズ(中にバターが入ったチーズ)、カチョカヴァッロ・チーズ(シラーノ産)、水牛モッツァレッラ・チーズ(ヴェナフロ産)などのチーズもお勧めです。

モリーゼ州の街

カンポバッソのモンフォルテ城

カンポバッソのモンフォルテ城

カンポバッソ Campobasso

ロンゴバルド人が造った街が起源と言われている街には、中世の教会などを中心に観光を楽しむことができます。街を一望できるモンフォルテ城は、ロンゴバルド時代から征服した政権により時を経て再建され、その役割を果たしてきました。
また街には1700年代からのプレゼピオ(クリスマスのキリスト生誕物語の飾り)がコレクションとして保存されている、プレゼピオ博物館(Museo permanente del Presepe)があり、400を超えるプレゼピオを目にすることができます。見学は予約制。

カンポバッソの詳細をみる

この地ならではの漁

この地ならではの漁

テルモリ Termoli

長い砂浜が続くリゾート地。一年を通して、向かいに広がるプーリア州のリゾート、トレミティ諸島へフェリーで渡ることができます。
*トレミティ諸島へのフェリー:以下の3つの会社が時期や曜日を調整して運行。
Tirrenia社:イタリア各地の都市をつなぐ大きな船会社。
その他、Navi Gargano社・Navigazione Libera del Golfo社(時刻表は現地で確認)

フラテルナの噴水

フラテルナの噴水

イゼルニア Isernia

サムニウム族を起源にする街のひとつですが、過去1000年の間に4度の地震に見舞われ、また第2次世界大戦中は爆撃に合うなど災難が続いたものの、歴史の遺産は街のあちらこちらに残されています。
またこのイゼルニア周辺にはペスケ自然保護地区(Riserva Naturale Orientata di Pesche)やコッレメルッチョ自然保護地区(Riserva Naturale Collemeluccio)など保護地区あり、多くの貴重な森林を保護しています。森林へはガイド付きツアーがあり、完全予約制となっています。

アッドロラータ聖堂

アッドロラータ聖堂

セピーノ Sepino

ローマ時代前にサムニウム族の築いた都市が起源となっています。ローマ帝国、サラセン人などの支配・略奪にあいましたが、その見所はセピヌムの遺跡。セピーノの街からは3キロ程離れているアルティリアが最寄りの村。ローマ帝国の支配下にあった街の遺跡が、保存状態も良いそのままの形で残されています。

考古学地区セピヌムとボジャノ門