イタリアの旅:行き先でさがす

トスカーナ州


トスカーナ州概要

州都:フィレンツェ
人口:約3,750,510人(2014年)

一度は訪れたいルネッサンス芸術の中心地フィレンツェ、斜塔で有名なピサ(Pisa)のある州。
芸術都市が数多くあり、カンポ広場や伝統祭事パリオで知られるシエナ(Siena)、塔の街サン・ジミニャーノ(San Gimignano)、中世の面影残るピエンツァ(Pienza)など、世界遺産の街の他にもアレッツォ(Arezzo)、ルッカ(Lucca)、プラート(Prato)、ピストイア(Pistoia)、ヴォルテッラ(Volterra)など、見所はつきません。また、糸杉が連なる美しい丘陵地帯は、世界遺産のヴァル・ドルチャをはじめ、世界的に有名な大変美しいトスカーナの自然景観で、街々を移動する間も旅行者の目を楽しませてくれます。

トスカーナ州の位置

トスカーナ州の位置

フィレンツェの街

フィレンツェの街


シエナの祭りパリオとシエナ郊外のサン・ガルガーノ
ピストイアの街とヴァル・ドルチャ

またワイン好きにはたまらない赤ワインの産地キャンティ地方、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノや、モンテ・プルチャーノ、ピサ周辺に広がるワイン街道など、数多くの有名ワインが生産されています。

交通案内

バス
SENA:トスカーナ州を中心とした全国へ中・長距離バス
SIENA MOBILITA’(イタリア語のみ):シエナ県(シエナ、サン・ジミニャ—ノ、ヴァル・ドルチャ地方、キャンティ地方)を運行するバスの総合サイト


TOREMAR:トスカーナ州とエルバ島を結ぶフェリー

トスカーナ州の食

ブルネッロ・ディ・モンタルチーノやキャンティなど、イタリア屈指のワインの宝庫であり、海の幸から、農耕、牧畜に適した豊かな大地の恵みまでを存分に享受。オリーブオイル、豆、猪や野兎肉、サラミ、チーズも豊富で、質素な料理にも豊かさを加えます。

お勧め郷土料理
クロスティーニ・アッラ・トスカーナ(トーストした田舎パンにトスカーナの特産物をのせたカナッペ)、リボッリータ(パンと野菜のスープ)、インゲン豆のスープ、パッパ・アルッラ・ポモドーロ(トマト入りパン粥)、トリッパ料理(ピリ辛トマトソースのモツ煮込み)、ウサギのパッパデッレ(ウサギ肉のパスタ)、ビステッカ・フィオレンティーナ(ボリュームたっぷりの名物フィレンツェ風ステーキ)、パンツァネッラ(水に浸したパンを絞ってちぎり、トマトや野菜と食べる夏のさっぱりサラダ料理)、パッパルデッレ(幅広い手打ちパスタでトスカーナでは猪や野兎のソースと食べる)、チブレオ(鳥の内臓・肝などを玉ねぎとバターでいため、卵黄とレモンのソースで煮込む)、カチュッコ(魚のスープ)、海の幸フライなど。

肉専門店など

お菓子では、カントゥッチ(デザート・ワインなどに浸して食べる硬いビスケット)、パンフォルテ(シエナ名物で、アーモンドや果物砂糖漬けを固めたお菓子)

ワイン
キャンティ地方が有名で、フィレンツェからシエナにまたがる広い丘陵地帯では、数多くの美味しいワインが生産されます。

ブドウ畑とブドウの収穫

キャンティ(赤)キャンティ・クラッシコ(赤)、モレッリーノ・ディ・スカンサーノ(赤)、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ(赤)、ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノ(白)、コッリ・ディ・ルーニ(白)、コルトーナ(赤)、オルチャ(白、赤)、サンタンティモ(赤)など、実にワインの数が多い州です。またヴィン・サント(カントゥッチというビスケットを浸すデザート・ワイン)も試したい一品。

その他のお勧め
コロンナータのラルド(生ハムのような味わいのある熟成ラード)、トスカーナ産プロシュット(生ハム)、サラミ各種、はちみつ(ルニジャーナ産)、ペコリーノチーズ(ピエンツァ産が有名)、オリーブオイル(トスカーナ産、ルッカ産、テッレ・ディ・シエナ産など)。

オリーブの収穫

オリーブの収穫

トスカーナ州ウェルネス

トスカーナ州の海岸

トスカーナ州の海岸

自然を楽しむ

豊かな自然
マレンマ地方 Maremma

カルスト台地が広がる州立公園も有する場所。アグリツーリズモや、温泉地(サトゥルニア)、イノシシ料理など、豊かな自然を満喫できる場所です。

アクセス:シエナからバスが運行しています。グロッセートが最寄り駅、運行会社はRama社

名馬で知られます

名馬で知られます

 
ヴィアレッジョ Viareggio

様々な山車がでるカーニヴァルで有名な街ですが、夏には海の街となり、多くの観光客が海水浴を楽しみに訪れにぎわいます。また夏にプッチーニ・フェスティヴァルの開催される湖畔の街トッレ・デル・ラーゴへも5㎞。
アクセス:列車でピサから約20分。

エルバ島周辺
エルバ島周辺 Isola Elba

夏のリゾートとして知られるエルバ島。ヨーロッパからの観光客が好んで訪れるその海は静かで、ゆったりとした時間を過ごすことができます。
アクセス:
最寄りの港は、ピオンビーノ・マリッティマ(Piombino Marittima)。船は夏季運行が主要。エルバ島の港はポルトフェッライオ(Portoferraio)。
船会社:
ToremarMobyLinesBlu Navy

スパを楽しむ

スパを楽しむ

トスカーナ州には、20以上の温泉リゾートが散在しており、その多くは世界的にも有名。
主要観光地から行けるスパ・リゾート

 
モンテカティーニ・テルメ Montecatini Terme

花と緑の溢れるトスカーナ地方でも最も美しい一帯にある一大リゾート地で、数世紀に渡り肝臓や胃、リウマチの治療がなされてきました。場所は、フィレンツェとピサの間。ピサ空港からは直行バス有(FlyBus)。また周辺のバス会社としては、Copit社Lazzi社などがあり、トスカーナ各方面からアクセス可。

モンスンマーノ・テルメ Monsummano Terme
モンスンマーノ・テルメ Monsummano Terme
グロッタ・ジュスティ・テルメ

上記テルメの近郊。ピストイアの近くにあり、フィレンツェからは車で約35分。趣のあるスパ施設内には、洞窟を利用した温泉施設があります。マッサージなどを楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすには最適な施設。

テルメ・ディ・サトゥルニア
テルメ・ディ・サトゥルニア Terme di Saturnia

近年知られるようになった野外温泉(無料)は、主に夏場に現地の人が多く利用します。公共手段でのアクセスが難しいので、車での移動が主要の場所。その温泉を管理し、この周辺唯一のスパ施設を併設するホテルでは、ラグジュアリーなサービスが完備され、長期滞在から一日スパまで対応しています。

イベント

ヴィアレッジョのカーニヴァル Carnevale a Viareggio
場所:ヴィアレッジョ(ピサ近郊)
時期:カーニヴァル
日曜日の山車の大パレードが有名なヴィアレッジョのカーニヴァル。

ヴィアレッジョのカーニヴァル

トスカーナ州北部の街

フィレンツェ
フィレンツェ Firenze

フィレンツェはメディチ家統治時代にルネッサンス文化が花開き、文化の中心となりました。ミケランジェロ、ボッティチェッリ、ダ・ヴィンチなどの数多くの大芸術家達の貴重な名作の数々は600年の時を経て今なおこの街に残されています。

フィレンツェの詳細をみる

世界遺産:フィレンツェ歴史地区

ピサ
ピサ Pisa

緑あふれるドゥオーモ広場には、大聖堂ドゥオーモ、洗礼堂、「ピサの斜塔」として世界的に有名な鐘楼、そして墓地の4つの中世の建物が見事に調和して建っています。
世界遺産:ピサのドゥオーモ広場

ルッカ
ルッカ Lucca

中世に自由都市として栄えた古都。緑の絨毯を敷き詰めたような周囲4kmにわたる星形の城塞。街の中心の建築物は、13世紀から14世紀に建てられたものが多く残り、中でもグイニージ通りのグイニージ邸は、ルッカのロマネスク・ゴシック様式を代表するものです。またオペラ作曲家ジャコモ・プッチーニの生誕地でもあり、生家博物館やオルガン奏者を務めたサン・ミケーレ・イン・フォロ教会なども見どころとなっています。

ヴィンチ
ヴィンチ Vinci

フィレンツェの西40㎞にあるこの村で、天才レオナルド・ダ・ヴィンチは生まれました。ヴィンチ村にはダ・ヴィンチ博物館があり、トスカーナの自然に囲まれた質素な彼の生家も当時のまま公開されています。

イベント

スコッピオ・デル・カッロ Scoppi del Carro
場所:トスカーナ州フィレンツェ
時期:復活祭の日曜日
「火の車」を意味する、中世からの宗教的行事。

中世4大海運共和国レガッタ Regata delle Quattro Antiche Repubbliche Marinare
場所:(アマルフィ、ジェノヴァ、ヴェネツィア、ピサのいずれかの街) 
時期:6月
中世イタリアで海運力を誇った4つの共和国、アマルフィ、ジェノヴァ、ヴェネツィア、ピサの4都市が交代で開催。クライマックスは競艇ですが、競艇の前のパレードも華やかで、中世の豪華な衣装を身に着けた人々が船上に登場します。

聖ラニエーリ祭 Festa di San Ranieri
場所:ピサ
時期:6月16、17日
斜塔で有名なピサで行われる伝統的な競艇。この町の守護聖人である聖ラニエーリに捧げられるレガッタ(伝統的競艇)で、市内各地区から選手が出て競い合う、中世海運都市らしい催し。16日の夜は光の祭(Luminaria)、17日は競艇が行われます。

プッチーニ・フェスティバル (トッレ・デル・ラーゴ)
場所:トッレ・デル・ラーゴ(ルッカ郊外)
時期:夏季(7〜8月)
巨匠プッチーニが眠る湖畔の地で開催されるオペラフェスティバル。「トスカ」、「トゥーランドット」、「蝶々夫人」等を作曲し、世界中で愛されるプッチーニの音楽が、1930年から開催される夏のオペラ祭で楽しめます。ルッカの南西25km、ヴィアレッジョの南5㎞。

トッレ・デル・ラーゴにあるプッチーニ像

トッレ・デル・ラーゴにあるプッチーニ像

熊の馬上槍試合 Giostra dell’Orso
場所:ピストイア
時期:7月25日
市内の4つの地区からそれぞれ3人ずつ選ばれた12名の代表選手が馬上から、ピストイア市の旗に使われている張子の熊を長い槍で射抜き、その優劣を競います。難易度が高く、危険な競技です。騎士が身に着ける中世の衣装が色鮮やか。

熊の馬上槍試合

サンタ・クローチェの光祭り Luminaria di Santa Croce
場所:ルッカ
時期:9月13〜14日
フィレンツェの西60km、ピサの北15kmにある城壁に囲まれた中世都市ルッカを舞台に繰り広げられる幻想的な光の祭り。始まりは毎年9月13日の午後8時から。

トスカーナ州南部の街

ヴァル・ドルチャ

ヴァル・ドルチャ

シエナ
シエナ Siena

フィレンツェの南西70km。中世そのものの町並みが残るシエナ。当時はフィレンツェと覇を競い、都市計画にも力をいれていました。街は12世紀から15世紀にかけて整ったゴシック風外観を保っており、同時期にシエナで活躍したドゥッチョ、ロレンツェッティ兄弟、シモーネ・マルティーニ等の芸術家の作品はイタリアやヨーロッパ各国にも影響を及ぼしました。街の中心にあり貝殻状にゆるい傾斜のあるカンポ広場は最も美しい広場のひとつともいわれ、7月2日と8月16日のパリオ際の騾馬競走の舞台となります。
世界遺産:シエナ歴史地区

サン・ジミニャーノ

サン・ジミニャーノ San Gimignano

シエナの北30kmのオリーブとぶどう畑に囲まれたこじんまりとした美しい塔の街サン・ジミニャーノは、フランチジェナ街道(聖フランチェスコの通った巡礼の道)を経由してローマ巡礼をする旅人にとって重要な中継地でした。有力貴族の権力の象徴であった塔は最盛期には72本もあったといわれて、今も14本の塔が残っています。
世界遺産:サン・ジミニャーノ歴史地区

ピエンツァ大聖堂

大聖堂

ピエンツァ Pienza

時のローマ法王ピウス2世が1459年に生まれ故郷を「理想の街」とするべく、街の改造を建築家ベルナルド・ロッセリーノに命じたことから実現した美しい街は世界遺産にも登録されています。ルネッサンス期の人間的な都市設計思想や透視図法を最初に採用した街造りが実現された例として貴重です。街は丘の上にあり、周囲のヴァル・ドルチャの眺めも必見。
見どころは、ピオ2世の名が残る華麗なピオ2世広場(Piazza Pio II)。ルネッサンス的外観の教会(Cattedrale)や宮殿(Palazzo Piccolomini)で囲まれ、建物内部は南ドイツ風ゴシック様式をとりいれています。
世界遺産:ピエンツァ市街の歴史地区

アレッツォ

アレッツォ Arezzo

イタリア映画「ライフ・イズ・ビューティフル」の舞台となったことでも知られていますが、アレッツォは、中世の趣をそのまま残す、とてもかわいらしい街です。

街の中心にあるサン・フランチェスコ聖堂(Chiesa di San Francesco)には、ピエロ・デッラ・フランチェスカの大変貴重なフレスコ画、「聖十字架の伝説」があります。またメディチ家お抱えの芸術家ヴァザーリの生地でもあり、芸術的にも貴重な作品が至るところに残る街です。

サン・フランチェスコ教会内部

サン・フランチェスコ教会内部

また美術ファンであれば、アレッツォから北東に38kmにある、ピエロ・デッラ・フランチェスカの生地サンセポルクロ(Sansepolcro)に足をのばし、市立美術館に収められている巨匠の名作の数々を鑑賞することができます。

イベント

サラセン人の槍試合 Giostra del Saracino
場所:アレッツォ  
時期:6月最後から1つ前の土曜日、9月最初の日曜日
中世に遡る伝統行事。グランデ広場で、馬にまたがった騎士がサラセン人を模した人形の標的を槍で突き、その正確さを競います。

パリオ Palio
場所:シエナ  
時期:7月2日、8月16日
シエナの地区対抗の競馬レース。
中世の衣装を着た時代行列も行われ、街の中心のカンポ広場が一時的なレース場となります。

シエナの地区対抗の競馬レース

石弓競技 Palio della Balestra
場所:サンセポルクロ(アレッツォ近郊)  
時期:9月第2日曜日
競技者は中世の衣裳を身にまとい、ひしの木の的を36mの距離から重い矢を放って射抜きます。現在使用されている石弓には数百年前に作られたものも含まれています。競技に先立ってこの町が生んだ15世紀の巨匠ピエロ・デッラ・フランチェスカの壁画に基づいた時代行列が見られます。

サンタ・チェチーリア祭 Festa della Santa Cicilia
場所:シエナ  
時期:11月22日
音楽を守る聖徒サンタ・チェチーリア。様々なコンサート、イベントが開催され、敬意を表します。