イタリアの旅:行き先でさがす

ペルージャ Perugia

ペルージャ概要

紀元前8世紀から前2世紀にイタリア中部に栄えた古代文明エトルリアの12の同盟都市のひとつ。その2000年以上前の歴史の跡がまだ残る街には、現在も街の周囲をめぐる城壁や城門(Arco Etrusco)にエトルリア時代の見事な建築を見ることができます。街の中心にある11月4日広場は宗教と行政の中心。繊細な彫刻が施されたフォンターナ・マッジョーレ(大噴水)など、歩いているだけでも多くの芸術作品に出くわします。

ペルージャの位置

ペルージャの位置

フォンターナ・マッジョーレとプリオリ宮殿

街の規模は小さく、徒歩で観光ができますが、坂が多いため短い距離も意外に大変です。ただ高い場所にあるだけあって、街の目抜き通りを抜けた先にある広場からは、ウンブリアの平野を一度に見渡せます。丘の上下を行き来するためのエレベーターやエスカレーターもところどころに設置されています。

街の目抜き通りのコルソ・ヴァンヌッチ

街の目抜き通りのコルソ・ヴァンヌッチ

またイタリアの休日である11月1日の“諸聖人の日” は、ペルージャ市内で大きな市が開かれ、子供から大人まで、多くの人が楽しみます。

アクセス:列車でローマからフォリーニョ乗り換えで2時間半〜3時間。フィレンツェからテロントラ乗り換えで2時間半(直通もあり)駅からバスで15分程。

大聖堂(イタリア語のみ)
開館: 月〜土曜 7:30〜12:30 15:30〜19:00 
日曜・祝日 8:00〜12:45  16:00〜19:00

コッレッジョ・デル・カンビオ
ペルジーノのフレスコ画が天井に描かれていることで有名。この画家の弟子には、あの有名なラッファエッロがおり、この天井画制作にも加わっていたとされています。
開館:月〜土曜 9:00〜12:30  14:30〜17:30  日曜・祝日 9:00〜13:00
閉館:12月25日、1月1日、11月2日〜3月31日までの月曜午後

サン・ピエトロ教会
城壁外にあり、街に突き出すような地形の上に建てられたこの教会には、初期キリスト教の小聖堂が残っています。創建は10世紀頃、修道院施設の一部であり、隣接した鐘楼は15世紀中頃のゴシック様式。内部の木製内陣席には、イタリアでも最も美しいと言われる彫刻が施されています。 
開館:7:00〜12:00  15:00〜18:00

プリオリ宮殿
中世ゴシック建築の市庁舎で、一部はウンブリア国立美術館。ウンブリア派絵画、彫刻、陶磁器など、種類、収蔵数などが州随一で、主に13世紀から19世紀の美術品を収蔵しています。

イベント

 

ウンブリア・ジャズ  Umbria Jazz

場所:ペルージャ、オルヴィエートなど
時期:夏季と冬季
世界的に有名な国際ジャズ祭。夏はペルージャ、冬にはオルヴィエートでも開催。

ウンブリア・ジャズ

 

 

エウロ・チョコ  Euro Choco

場所:ペルージャ
時期:10月頃
イタリア国内、ヨーロッパ各地のチョコメーカーが勢ぞろいし、通りに屋台をかまえます。またチョコからみの様々なイベントが開催されます。

エウロ・チョコ

 

諸聖者の祭り Fiera dei Morti
場所:ペルージャ
時期:11月1日
11月1日は諸聖者の日で祝日となり、各町の守護聖人に捧げる祭が行われます。ペルージャではさまざまな青空市場がたちます。市場は1〜5日の間で開催。