イタリアの旅:行き先でさがす

アオスタ Aosta

アオスタ概要

街の起源は古代ローマ時代。有名なアウグストゥス帝の時代です。
街には古代遺跡が残り、イタリア北端まで当時の力が及んでいたことを目で見ることができます。

アオスタの位置

アオスタの位置

古代遺跡が残るアオスタの街のメインストリートと街に残る古代遺跡

他の見どころとしては、サンタ・マリア大聖堂(Cattedrale Santa Maria Assunta)とその回廊にある宝物館、10世紀のサントルソ教会(Chiesa di Sant’Orso)など。

プレトリア門とアウグスティヌス門

クリプトポルティコ

クリプトポルティコ

クリプトポルティコ(イタリア語)
古代ローマの遺構として貴重なもので、当時の公共広場であったという説が有力です。地下に埋もれていた数多くのアーチで成る当時の建物を修復した遺跡は、見応え十分。

アクセス:トリノから鉄道で約2時間。バスでトリノから3〜4時間、ミラノから3時間半〜4時間半程。

フェニス城(内部博物館)とその内部
古城めぐり
小さな州にも関わらず、数多くの古城が点在しています。11〜12世紀頃から、古代ローマ建築跡に、防衛・支配用の要塞を建築され始めたのを契機に、いくつもの城が建築されました。トリノやミラノからアオスタに入ったところにあるバルド要塞(Forte di Bard)は、ナポレオン侵攻の当時の見張り塔でもありました。現在内部は山岳博物館で、眼下にはすばらしい景観も楽しめます。 またフェニス城の内部はガイド付きで見学も可。