イタリアの旅:行き先でさがす

ヴェネト州


ヴェネト州概要

州都:ヴェネツィア
人口:約4,926,820人(2014年)

海に浮かぶ世界無二の水の都ヴェネツィアのある州。

ヴェネト州の位置

ヴェネト州の位置

ヴェネツィア

ロミオとジュリエットの街として有名なヴェローナ(Verona)、建築家パッラーディオの建物が美しいヴィチェンツァ(Vicenza)、世界遺産の植物園がある歴史と大学の街パドヴァ(Padova)、運河の街トレヴィーゾ(Treviso)、食後酒で有名なバッサーノ・デル・グラッパ。山地には、人気の山岳リゾート地コルティナ・ダンペッツォ(Cortina d’Ampezzo)などの街があります。

ヴィチェンツァとヴェローナの大聖堂

アーバノ・テルメ源泉

アーバノ・テルメ源泉

リラックス目的の旅にも最適なスポットとしては、古代ローマ自体から利用されている温泉地のアーバノ・テルメ。良質の泥を使用したエステも体験できます。この一帯は、テルメ・エウガネエ(エウガネエ温泉郷)と言われ、他にもモンテグロット、テオーロがあります。ヴェネツィアからも電車で1時間。

交通案内

(ドロミーティ方面へのアクセスも含む)

ヴェネツィア・マルコ・ポーロ空港
ACTV:ヴェネツィア本島を走るヴァポレット(水上バス)

水上バス

水上バス

ALILAGUNA:ヴェネツィア本島(サン・マルコ広場等)とヴェネツィア空港を結ぶ水上シャトルバス
ATVO:ヴェネツィア本島(ローマ広場)とヴェネツィア空港を結ぶバス 。ドロミーティのコルティナ・ダンペッツォ(Cortina d’Ampezzo)行きもあり
ATVOモバイルサイト
DolomitiBus(イタリア語のみ):ドロミーティ地域、ヴェネト州北部を走る中・長距離バス

イベント

ヴェネツィアのカーニヴァル Carnevale a Venezia
場所:ヴェネツィア  
時期:カーニヴァル期間(2月〜3月頃、年により変動)
華麗な仮面・仮装で世界的に有名なカーニヴァル。仮面舞踏会他、様々なイベントが期間中開催されます。 

センサの祭り Festa della Sensa
場所:ヴェネツィア
時期:5月
キリスト昇天祭は、復活祭から40日後に開催されます。昇天“ascensione”がヴェネツィアのなまり“sensa”となりました。海との結婚(lo sposalizio del mare:総督が結婚指輪を海に投げる儀式で有名)も、このお祭りの一部。

中世4大海運共和国レガッタ Regatta Storica delle Quattro Antiche Repubbliche Marinare
場所:(アマルフィ、ジェノヴァ、ヴェネツィア、ピサのいずれかの町)
時期:6月
中世イタリアで海運力を誇った4つの共和国、アマルフィ、ジェノヴァ、ヴェネツィア、ピサの4都市が交代で開催。クライマックスは競艇ですが、競艇の前のパレードも華やかで、中世の豪華な衣装を身に着けた人々が船上に登場します。

アレーナ・ディ・ヴェローナ Arena di Verona
場所:ヴェローナ
時期:夏季(6月〜9月初旬)
古代ローマ劇場を利用した夏のオペラフェスティバル。このために世界中から多くの観客が訪れます。

アレーナ・ディ・ヴェローナ

ヴェネツィア・ビエンナーレ Venezia Biennale
場所:ヴェネツィア
時期:夏季
2年毎にジャルディーニやアルセナーレを会場に数カ月にわたり開催。各国のパビリオンが参加する世界的に有名なヴィジュアル・アートの祭典。中でもヴェネツィア映画祭は有名。

ヴェネツィア・ビエンナーレ

救世主の祭り Festa del Redentore
場所:ヴェネツィア
時期:7月第3土曜と日曜
9月の歴史的レガッタと並ぶヴェネツィアの2大年中行事。16世紀にヨーロッパで猛威を奮ったペストの終焉(1576年)を、守護神である救世主キリストに感謝したことに由来しています。ヴェネツィア市民はゴンドラやモーターボートなどの船で大運河からジュデッカ運河へと繰り出し、ジュデッカ島の「救世主教会Il Redentore」まで参詣に出かけます。イルミネーションや花火も見ものです。

ヴェネツィア・ジャズ・フェスティバル Venezia Jazz Festival
場所:ヴェネツィア
時期:7月
この地で開催されるジャズ祭はまた格別。サンマルコ広場やフェニーチェ劇場、プンタ・デッラ・ドガーナなどの美術館、リアルト橋など、あらゆる場所が舞台になります。

人間チェスゲーム Partita a scacchi a personaggi viventi
場所:マロスティカ
時期:2年に一度、9月
ヴェネツィアの北西70kmのマロスティカで中世の衣裳を着けた人々が駒になって広場の桝目の上で行われるチェスゲーム。2年に一度、偶数年に開催されます。起源は1454年に遡り、マロスティカの領主の娘に恋をした2人の貴族の決闘を避けるため、領主がチェスゲームで勝敗を決めさせたのが始まりと言われています。

歴史的レガッタ Regata Storica
場所:ヴェネツィア
時期:9月の第1日曜日
ヴェネツィアで最も大きく華やかで、市民が一番熱狂する祭。ハイライトはゴンドラより一回り小さい「ゴンドリーニ」と呼ばれる小舟でのレース(レガッタRegata)。レガッタの前に、美しいゴンドラが時代衣装を身に着けた人々を乗せて一大パレードを繰り広げ、海運国家ヴェネツィア共和国全盛の頃の祭を彷彿とさせます。

ヴェネツィア映画祭 Venice Film Festival
場所:ヴェネツィア
時期:夏季
1932年に始まった、世界で最も歴史の古い国際映画祭。リド島がメイン会場で、有名監督、俳優、評論家などが多数集まります。

ヴェニス・マラソン Venice Marathon
場所:ヴェネツィア
時期:10月頃
ヴェネツィア郊外から、ヴェネツィア本島を目指す42.195km。

ヴェネト州の食

南はアドリア海や干潟、北はドロミーティ山塊を抱える地形。海と山の幸が堪能できます。ヴェネト州の特徴的な食の素材にはポレンタ、塩漬タラ、米、豆などがあります。

山の料理

山の料理

お勧め郷土料理

ヴェネツィアの海の前菜とたっぷりの肉料理

ヴェネツィアでは“フリットゥーラ・ヴェネツィアーナ(ヴェネツィア風海の海鮮揚げ)”、干し漬タラのムース“バカラ・マンテカート”、“リエージ・エ・ピージ”(ライスとグリンピース料理)、イカ墨のパスタ、ビーゴリ・イン・サオール(アンチョビソースの手打ちパスタ)、フェガト・アッラ・ヴェネツィアーナ(子牛レバーとタマネギをいためたもの)、ウナギ料理など。

山のパスタづくしとタラのヴィチェンツァ風

州全体では、ポレンタ(トウモロコシ使用)、バカラ・アッラ・ヴィチェンティーナ(タラのヴィチェンツァ風)、パドヴァ産の鶏肉が世界的にも有名なため、鳥肉料理がお勧め。“ソアパ・カルダ”(鳥のミネストローネスープ)、“パエータ・アル・マルガラーニャ”(鶏肉を豚の脂身で覆って串刺しにし、ザクロの果汁をかけたもの)。

食べやすいタコのカルパッチョとストゥルーデル

デザートなら、フリッテッラ(ドーナツのような揚げ菓子)、ガラーノ(これも揚げ菓子)、パンドーロ(ヴェローナ発クリスマス用パンケーキ)など。

ワイン
まず試したいのは、コネニャーノ地域とヴァルドッビアデーネ地域でしか造られていないプロセッコ(発泡白ワイン)。そしてピアーヴェ・マラノッテ(赤)、ソアーヴェ・スペリオーレ(辛口白ワイン)、レチョート(いくつか種類があり、赤・白に分かれる。デザートワイン)、バルドリーノ(赤、軽い辛口)、アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ(赤、最高ワインのひとつ。アルコール度高)、ブリガンツェ・ビアンコ、グラッパ(リキュール)。

チーズ
高地でつくられたアジアーゴ村のチーズ(アジアーゴ・ダレーヴォとアジアーゴ・プレッサーとの2種類)。ヴェローナ産なら、モンテ・ヴェロネーゼ。

ヴェローナのチーズをイワシのパスタと

ヴェローナのチーズをイワシのパスタと

野菜など
赤チコリ(トレヴィーゾ)、セロリ(ヴェローナ)、白アスパラガス(ヴィチェンツァ、バッサーノ・デル・グラッパ)。

ヴェネト州の自然

自然を満喫する

コルティナ・ダンペッツォ Cortina d’Ampezzo
ドロミーティ山塊(世界遺産)の雄大な自然の中で、夏にはトレッキング、冬にはスキーが楽しめます。街から望める山塊の山頂は、特有の鉱物質が反応し、夕暮れ時にはバラ色に染まりとてもロマンチック。
世界遺産:ドロミーティ

コルティナ・ダンペッツォ Cortina d’Ampezzo

アクセス:列車:コルティナ・ダンペッツォに駅はなく、最寄りの駅は35km離れたカラルツォ・ディ・カドーレ(Calalzo di Cadore)となります。そこから電車の到着に合わせて、コルティナまでDolomiti Bus社のバスが運行しています。列車でヴェネツィアからカラルツォまでは約3〜4時間(乗換あり)、その後バスでカラルツォからコルティナまで約1時間となります。バスは夏期シーズン中は毎日、それ以外は土日のみヴェネツィアからコルティナへの直行バス(ATVO社)が運行されます。

秋の紅葉と冬のスキー

お勧めスポット

ミズリーナ湖 (Lago di Misurina):ソラピス山の万年雪が残る岩峰が青く澄んだ湖に映し出されます。コルティナからのエクスカーションとして人気のあるスポットです。
アクセス:コルティナからDolomiti Bus社のバス約35分。

トレ・チーメ・ディ・ラヴァレード(Tre Cime di Lavaredo):最高2999mの3つの尖った峰「トレ・チーメ(イタリア語で“三つの峰”の意味。)」を一周し様々な角度から異なる山の表情を楽しむハイキングが大人気。気軽に楽しめるコースです。州はお隣のトレンティーノ・アルト・アディジェ州にありますが、アクセスは、コルティナからミズリーナ湖経由が便利です。
アクセス:コルティナからDolomiti Bus社のバスで約1時間。

トレ・チーメ・ディ・ラヴァレード

隣州にあるトレ・チーメ・ディ・ラヴァレードへはここからが便利

スパ施設で楽しむ

ヴェネト州のエウガネイ丘陵(Colli Euganei)と呼ばれるエリアには温泉地がいくつも集まり、イタリア有数の人気温泉エリアです。代表的なアーバノ・テルメをはじめとして、どの温泉地もヴェネツィアから車で1時間ほどのところにあります。温泉が非常に良質で浴中マッサージや、古代ローマ時代から珍重されている泥マッサージが盛ん。その他の地域にも源泉があります。野外の温泉プールも日本人には露天大風呂の感覚で楽しめます。
エウガネイ丘陵温泉地帯(Colli Euganei)の主なスポット
モンテグロット・テルメ(Montegrotto Terme)、アーバノ・テルメ(Abano Terme)、バッターリャ・テルメ(Battaglia Terme)、ガルツィニャーノ・テルメ(Galzignano Terme)。

湯けむりの上がる温泉プール

湯けむりの上がる温泉プール

ヴェネト州の街

ヴェネツィア

ヴェネツィア

ヴェネツィア Venezia

海の上に浮かぶ島のような街ヴェネツィア。5世紀にアドリア海の干潟(ラグーナ)に築かれ、10世紀には強力な海運共和国として貿易で栄えた輝かしい歴史をもち、街全体と潟が世界遺産に登録されています。街は実に118の小島から成り、400以上の数多くの橋でつながります。
ヴェネツィアのご案内詳細は世界遺産をご覧ください。
世界遺産:ヴェネツィアとその潟

ゴンドラを楽しむ/ブラーノ島

植物園

植物園

パドヴァ Padova

世界遺産の世界最古の植物園(世界遺産)が今も残る街。中世から大学の街として栄えたこの街の特に見どころは、巨匠ジョット(Giotto)が描いた聖母マリアとキリストの生涯を描いたフレスコ画の残るスクロヴェーニ礼拝堂(Cappella degli Scrovegni)。

パドヴァの詳細をみる

世界遺産:パドヴァの植物園(オルト・ボタニコ)

ヴィチェンツァ

ヴィチェンツァ

ヴィチェンツァ Vicenza

15〜18世紀にヴェネツィア共和国当時下で繁栄したヴィチェンツァ。16世紀の建築家アンドレア・パッラーディオによって建てられた建築様式により、世界遺産に登録されました。中でもオリンピコ劇場はパッラーディオ最後の作品で奥行きを演出した舞台は見事。劇場ロビー上壁面には1585年にここを訪れた天正少年使節団が劇場で歓待された場面が描かれています。
世界遺産:ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方の
パッラーディオ様式の邸宅群

街のパノラマ

街のパノラマ

ヴェローナ Verona

古代ローマ遺跡アレーナで毎夏開催されるオペラ祭でも有名な世界遺産の歴史豊かな街。また何と言っても観光客に人気なのは「ロミオとジュリエット」の物語に関する場所。ジュリエットの家(Casa di Giulietta)にはジュリエット像やバルコニーがあり、他にも市内にはロミオの家、ジュリエットの墓などがあります。
世界遺産:ヴェローナ市

夏のオベラとジュリエットの銅像