ピエモンテの葡萄畑の風景:ランゲ丘陵に広がる葡萄畑

ピエモンテの葡萄畑の風景:ランゲ丘陵に広がる葡萄畑

 

今年イタリア50番目として、世界遺産に加わったのは、ワイン好きならおなじみのバローロやバルバレスコといった赤ワインの生産地を含む、ピエモンテ州南部のランゲ・ロエロ・モンフェッラート地域の美しい葡萄畑の景観です。美しい自然景観、ワイン文化史、そしてイタリアが誇るワインを楽しめるグルメツアー向けの世界遺産です。  

 

この登録『ピエモンテの葡萄畑の景観:ランゲ・ロエロ・モンフェッラート』には、すばらしい景観が広がるワイン産地5地区と、葡萄栽培の発展においても、またイタリア史でも重要な場所であるカヴール城が含まれました。

  1. La Langa del Barolo バローロ村のあるランガ地区
  2. Il Castello di Grinzane Cavour グリンザーネ・カヴール城
  3. Le Colline del Barbaresco バルバレスコ村の丘陵地
  4. Nizza Monferrrato e il Barbera ニッツァ・モンフェッラートとバルベーラ
  5. Canelli e l’Asti Spumante カネッリ村と アスティ・スプマンテ
  6. Il Monferrato degli Infernot インフェルノットのモンフェッラート

**6地域の概要をご覧はこちらから⇒イタリア新世界遺産:ピエモンテの葡萄畑の景観

エリア全体は、北はポー河、南はリグリア・アルプスの中間地域であるピエモンテ州の南部に位置し、何世紀にも渡りこの地域を特徴付けてきた葡萄栽培とワインづくりに関する、技術的、経済的プロセス全般が包括されています。 ピエモンテがエトルリア人とケルト人の交流・交易地だった紀元前5世紀頃に遡る、ぶどうの木の花粉がこのエリアで発見されています。今もこの地域の方言には、特にワイン関係の単語に、エトルリア語やケルト語が残っています。古代ローマ帝国時代には、学者で軍人の大プリニウスが、ピエモンテ地域は古代のイタリア半島で最も葡萄栽培に適した地のひとつであると述べており、地理学者で歴史家のストラボンもこの地域の樽について述べていました。

ユネスコサイト(英語)  http://whc.unesco.org/en/list/1390/

参考サイト:

http://www.paesaggivitivinicoli.it/ (伊・英語) 6地域の詳細や写真・地図もご覧いただけます。

http://www.langheroero.it/ (ランゲ・ロエロ観光局サイト 英語有)

http://www.turismodoc.it/ (ランゲ・ロエロ・モンフェッラート観光業者組合宿泊検索など)