イタリアの旅:世界遺産を巡る

ピエンツァ市街の歴史地区

作成:Italia.it

ピエンツァ市街の歴史地区

Centro storico della citta di Pienza

所在地:ピエンツァ(トスカーナ州)シエナの南東52km
登録年:1996年

時のローマ法王ピウス2世が1459年に生まれ故郷を「理想の街」とするべく、街の改造を建築家ベルナルド・ロッセリーノに命じました。ピウス2世の名が残る華麗な広場は、ルネッサンス的外観の教会や宮殿で囲まれ、建物内部は南ドイツ風ゴシック様式をとりいれました。

ルネッサンス期の人間的な都市設計思想や透視図法を最初に採用した街造りが実現された例として貴重です。街は丘の上にあり、周囲のヴァル・ドルチャの眺めもすばらしいです。
ユネスコサイト

ピエンツァ市街の歴史地区

ピエンツァ市街の歴史地区

ピエンツァ市街の歴史地区

アクセス

最寄りの列車駅はキウージ-キアンチャーノ・テルメ。そこからL.F.I.社バスが運行。シエナからなら直行バスが運行。各バスの運行については、Siena Mobilita`社で確認ができます。

本サイトあるいは本サイトに包括されているサードパーティーの媒体は、クッキーポリシー内に記載された機能及び目的達成のために必要となるクッキーを利用します。
さらなる詳細を確認する、あるいは、関連する一つあるいはいくつかのクッキーへの承認を無効にするには、クッキーポリシーをご参照ください。
このバナーを閉じる、本ページをスクロールする、リンクをクリックする、あるいはその他方法でのナビゲーションに従うと、クッキー使用を許可したことになります。