イタリアの旅:世界遺産を巡る

ローマ歴史地区・教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂

ローマ歴史地区・教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂

Centro storico di Roma, le Proprieta della Santa Sede che godono dei diritti di extraterritorialita, e San Paolo Fuori le Mura

所在地:ローマ市内
登録年:1980年、1990年

紀元前753年に建国されたと伝えられるローマは共和国を経て巨大な帝国へと発展し、4世紀にはキリスト教世界の中心地となりました。
世界遺産への登録は1980年に続いて1990年にも登録箇所が追加されました。歴史地区にはコロッセオ、フォロ・ロマーノ、カラカラ浴場、ドムス・アウレア、パンテオン、アウグストゥス帝霊廟他おびただしい数の古代遺跡や記念碑が残っており、「永遠の都」のその圧倒的な栄華繁栄ぶりを今に感じることができます。   
ユネスコサイト

ローマ歴史地区・教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂

ローマ歴史地区・教皇領とサン・パオロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂

スペイン広場

見どころ

実に数多くのスポットがありますが、少しだけピックアップしてご紹介。

サンタンジェロ城/コロッセオ

コロッセオ Colosseo
映画「グラディエーター」を観られた方はご存知の闘技場。古代ローマ人の娯楽として命をかけた戦いを観戦した場所であり、地下には闘技する者、動物の控え室があります。

フォロ・ロマーノとパラティーノの丘 Foro Romano e Palatino
世界最古のフォロ(広場)。最初は古代ローマ以前の文明、エトルリア時代の埋葬地でしたが、その上に建てられたこの広場は、徐々に拡大。ローマ帝国の中心地となりました。当時の中心に残る建築物には、大理石でできた多くの柱や石が欠けていますが、これは中世期頃、ローマ市内の宮殿などへ転用されたため。ルネサンス以降は重要性が再認識され、現在もその名声は衰えません。

パンテオン/ナヴォーナ広場

パンテオン Pantheon
入り組んだローマの旧市街に突然現れる円屋根の建物。完全な半球型のドームの真ん中には直径9mの天窓があり、差し込む光は今も変わりません。2000年も前から同じ場所に建っているこの建造物は、パンは全ての、テオンは神をあらわし、元々は古代の神々に捧げられたものでした。7世紀以降はキリスト教会となり、ラファエロなど、多くの歴史的人物が埋葬されている場所でもあります。

ナヴォーナ広場 Piazza Navona
パンテオンから歩くと、突然縦長の広場へ出ます。この広場には3つの噴水があり、真ん中の巨大な4大河の噴水(ベルニーニ作:ナイル川、ガンジス川、ドナウ川、ラプラタ川)と、残りの2つはネプチューンの噴水とムーア人の噴水です。もともと広場は古代ローマ時代には闘技場でした。
画像挿入:文左横。ファイル:Piazza Navona Natale Foto-photo-by-イタリア政府観光局
クリスマスの頃には、プレセピオ(キリストの生誕の場面のフィギュア)などのクリスマス・グッズを売る屋台が多く出ます。

旧市街のオベリスク
ナヴォーナ広場/ポポロ広場

ローマの旧市街には、いくつものオベリスクが建っています。その多くが、古代ローマの古代エジプトとの交易を物語ります。
パンテオン(ロトンダ広場)、ポポロ広場、ミネルヴァ広場:エジプトのラムセス2世の時代にローマに持ち込まれました。

噴水
ナヴォーナ広場の噴水を始め、多くの広場や道の途中にあるローマの噴水。様々な彫刻が施され、道や地区のシンボル的存在でもあります。
例えばクイリナーレ通りとクアトロ・フォンターネ通りの交差地点にあるその名もクアトロ・フォンターネ(4つの噴水)。十字路の各角に、4つのテーマに沿った彫刻の噴水があります。隠れたお気に入りを見つけられてはいかがでしょうか。

トレヴィの泉

トレヴィの泉

アクセス

ローマ市内。国際空港フィウミチーノ空港から、市内までの直通列車レオナルド・エキスプレスでテルミニ駅まで約30分。