イタリアの旅:世界遺産を巡る

イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡(568‐774年)

イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡(568‐774年)

I Longobardi in Italia. I luoghi del potere (568-774 dC)

登録年:2011

ロンゴバルド王国(イタリア語の音訳。ランゴバルド王国ともいわれる)は、568年ゲルマン系ロンゴバルド族により建国され6〜8世紀にイタリア半島を広く統治し独特の文化を発展させた後、774年カール大帝により滅ぼされました。そのロンゴバルド王国の重要な権勢の足跡を示す7地域の要塞、教会、修道院などの建物が2011年に世界遺産として登録されました。
ロンゴバルド族はイタリアに定住すると、古代ローマの伝統様式やキリスト教の精神性、ビザンティン文化の影響などを吸収、同化し自らのゲルマン的価値とを融合させ、7世紀末から8世紀にかけて新しい独自の文化を生み出しました。その後カール大帝に受け継がれ、古代世界から中世ヨーロッパへの形成に寄与し、その後の千年にわたる西洋史に大きな影響を及ぼしました。
ユネスコサイト

イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡

イタリアのロンゴバルド族:権勢の足跡

*この登録による文化財はイタリア各地7か所にあり、下記箇所が世界遺産に登録されました。

1)所在地:チヴィダーレ・デル・フリウリ Cividale del Friuli(フリウリ・ヴェネツィア州)
ウーディネUdineの東16km、トリエステTriesteの北西 65km ヴェネツィアの北東144km の西45km
ロンゴバルドのテンピエット/カリスト司教が整備した教会関連施設群
ロンゴバルドのテンピエット Il Tempietto Longobardo
市内ガスタルダーガ地区にあるサンタ・マリア・イン・ヴァッレ修道院(Chiesa di Santa Maria in Valle)の祈祷堂で、通称「ロンゴバルドのテンピエット」。
ロンゴバルド王国後期の最も重要な建物のひとつで、女性6体の中世では珍しい写実的立体的漆喰彫刻やフレスコ画、大理石の厚板、円柱、モザイク等見事な8世紀の内部装飾を見ることができます。
開館:基本的に以下ですが、時折開館時間が変わるため、注意が必要。
夏季(4月〜9月)
 月〜金曜 10:00〜13:00 15:30〜18:00
 土・日・祝日 10:00〜18:00
冬季(10月〜3月)
 月〜金曜 10:00〜13:00
 土・日・祝日 10:00〜16:00

カリスト司教が整備した教会関連施設群 I resti del Complesso Episcopale rinnovato da Callisto
(クリスチャン博物館、ドゥオーモ宝物殿 Museo Cristiano – Tesoro del Duomo)
当時のカリスト司教が整備増築した教会や聖堂群や、ロンゴバルド族の墓にあった副葬品も登録されました。
開館:水〜日曜 10:00〜13:00 15:00〜18:00

国立考古学博物館所蔵ロンゴバルド族副葬品 Museo Archeologico Nazionale, corredi delle necropoli longobarde
開館:月曜 8:30〜14:00 火〜日曜・祝日 8:30〜19:30

アクセス:トリエステからウーディネまで列車で移動し(所要時間約1時間20分)、私鉄線Udine-Cividale線(イタリア語)へ乗り換え(約20分)。

2)所在地:ブレシャ Brescia(ロンバルディア州)
ミラノの東93km ヴェローナの東66km
サン・サルヴァトーレ=サンタ・ジュリア修道院
サン・サルヴァトーレ=サンタ・ジュリア修道院 Il complesso monastico di San Salvatore-Santa Giulia
ロンゴバルド王国のデジデリオ王が即位前の753年に創建したサン・サルヴァトーレ修道院は、後世の大規模な増改築により、教会や回廊とともに合体して現在はブレシャ市立博物館となっています。修道院はもともと古代ローマ時代の邸宅跡に建てられ、現在も修道院周辺には北イタリアを代表する多くの古代ローマ時代の遺跡が残されています。
開館:基本的に以下ですが、時折開館時間が変わるため、注意が必要。
冬季(10月〜6月15日)
 火〜日曜 9:30〜17:30(チケット窓口は16:30まで)
夏季(6月16日〜9月)
 火〜日曜 10:30〜19:00(チケット窓口は18:00まで)
閉館:休日ではない月曜 および 12月24、25、31日

アクセス:ミラノから列車で約50分。

3)所在地:カステルセプリオ-トルバ Castelseprio-Torba(ロンバルディア州)
ヴァレーゼの南14km
カステルセプリオとトルバの『カストラムCastrum(要塞地区)』考古学公園
カステルセプリオとトルバの『カストラムCastrum(要塞地区)』考古学公園(イタリア語)
古代ローマ時代からのカルテルセプリオとトルバの両街に広がるカストラムという要塞地区をロンゴバルド族は再利用し、その建物跡が今も残っています。トルバの塔は後期ロンゴバルド期に修道院となり、有名な『サンタ・マリア・フォリス・ポルタス教会(Santa Maria foris Portas)』は街壁の外に7-8世紀に建てられ、その壁は貴重なフレスコ画で飾られています。
開館:火〜土 8:30〜19:20  日曜・祝日 9:30〜18:20 
閉館:月曜、クリスマス、5月1日

アクセス:ミラノから列車を利用し、最寄駅はヴァレーゼ(Varese)またはガッララーテ(Gallarate)。そこから市バス(イタリア語)でカステルセプリオへ。考古学地区は街の中心から離れているため、車が便利。

4)所在地:カンペッロ・スル・クリトゥンノ Campello sul Clitunno(ウンブリア州)
ペルージャの南西53km スポレートの北11km
クリトゥンノのテンピエット
クリトゥンノのテンピエット il Tempietto del Clitunno
小さな建物ながら、その古典的な様式と戦利品の品々が建物内に多用されていることで有名です。ルネッサンス期以降も建築的に不朽の名声を何世紀に渡り保っていました。
開館:時期により変化するため、公式サイトをご参考ください。

アクセス:ペルージャから列車で約1時間。またスポレートからなら約5分。

5)所在地:スポレート Spoleto(ウンブリア州) ペルージャ南東63km
サン・サルヴァトーレ聖堂
サン・サルヴァトーレ聖堂 Basilica di S.Salvatore
ロンゴバルド建築の代表例のひとつで、古典的ローマ様式を踏襲し、外部、内部ともに中世の石工達による優れた建築的装飾細工が施されています。
開館:季節により変化し、また公式発表がないため、現地にて確認要。

アクセス:ペルージャから列車で約50分。

6)所在地:ベネヴェント Benevento(カンパニア州) ナポリ北東71km
サンタ・ソフィア教会
サンタ・ソフィア教会 Chiesa di Santa Sofia
ロンゴバルド建築の中でも最も多面的な構造を持ち、保存状態の良い建物のひとつで、中世初期ベネヴェント絵画と呼ばれるフレスコ画断片が内部を飾っています。
開館:月〜土 8:00〜12:00
 (夏季)16:30〜20:00
 (冬季)16:00〜19:00
時期により変化する可能性あり。またグループの場合、予約にて日曜・祝日訪問可。

サムニウム博物館と回廊
現在サムニウム博物館。上の教会との間に、美しい回廊があります。
開館:火〜日曜 9:00〜19:00

アクセス:ナポリから列車、カゼルタ乗り換えで約1時間40分前後。

7)所在地:モンテ・サンタンジェロ Monte Sant’Angelo(プーリア州)
フォッジャの北東59km、バーリの北西135km
サン・ミケーレ聖所記念堂
サン・ミケーレ聖所記念堂 Santuario Garganico di San Michele
ロンゴバルド族統治の7世紀から、大天使ミカエル崇拝の重要拠点となりました。またその後も西洋諸国での大天使ミカエル信仰に深く影響を及ぼし、ヨーロッパ各地に建設された有名なモン・サン・ミッシェルを初めとする何百もの聖ミカエル聖堂のモデルともなりました。

開館:季節によって、細かく変化します。公式サイトにてご確認ください。

アクセス:最寄りの列車駅はフォッジャ。フォッジャまでは、列車で移動(ローマから約3時間、州都バーリから約1時間20分)。
フォッジャからは私鉄線Ferrovie del Garganoでマンフレドニア(Mandrefonia)へ。そこからSITA Sud Trasporti社(イタリア語)バスへ乗り換え、約2時間。
*フォッジャから同じバスが直行運行もしていますが、時間帯によってマンフレドニアからの発着となるため注意が必要。フォッジャ〜モンテ・サンタンジェロの場合、所要時間約2時間30分。
*Puglia州の時刻表一覧を参照。