イタリアの旅:世界遺産を巡る

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院

La Chiesa ed il Convento Domenicano di Santa Maria delle Grazie con “La Cena” di Leonardo da Vinci

所在地:ミラノ市内(ロンバルディア州)
登録年:1980年

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に隣接するドメニコ会修道院の食堂の壁に巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチが1495年から1497年にかけて描いた「最後の晩餐」は、芸術史に新しい時代を開いた重要な作品。
キリストが12人の弟子の中に自分を裏切るものがいることを告げた直後の場面が劇的に描かれており、様々なシンボルが絵の中に隠されていると言われ、更なる奥深い宗教的な意義を暗示されています。

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院

レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会とドメニコ会修道院

教会/教会への入り口

壁いっぱいに描かれた絵画は、修復により多くの部分が取り戻されました。拝観にあたっては完全な人数制限と入れ替え制度を取り、絵画の保存を心がけています。

最後の晩餐/教会内部

またゴシック的ファサードをもつ教会は15世紀に増築され、建築家ブラマンテにより美しいルネッサンス的空間も加えられた見事な複合建築です。
ユネスコサイト

拝観は要予約です。月単位で約2カ月前のチケットが予約可能となりますが、世界中から予約が殺到するため、早めの予約をお勧めします。
予約サイト

アクセス

ミラノ市内。最寄り駅はメトロのカドルナ駅。