イタリアの旅:世界遺産を巡る

ピエモンテの葡萄畑の景観:ランゲ・ロエロ・モンフェッラート

ピエモンテの葡萄畑の景観:ランゲ・ロエロ・モンフェッラート

I paesaggi vitivinicoli del Piemonte: Langhe-Roero e Monferrato

所在地:ピエモンテ州
登録年:2014

エリア全体は、北はポー河、南はリグリア・アルプスの中間地域であるピエモンテ州の南部に位置し、何世紀にも渡りこの地域を特徴付けてきた葡萄栽培とワインづくりに関する、技術的、経済的プロセス全般が包括されています。

ピエモンテがエトルリア人とケルト人の交流・交易地だった紀元前5世紀頃に遡る、ぶどうの木の花粉がこのエリアで発見されています。今もこの地域の方言には、特にワイン関係の単語に、エトルリア語やケルト語が残っています。古代ローマ帝国時代には、学者で軍人の大プリニウスが、ピエモンテ地域は古代のイタリア半島で最も葡萄栽培に適した地のひとつであると述べており、地理学者で歴史家のストラボンもこの地域の樽について述べていました。
すばらしい景観が広がるワイン産地5地区と、葡萄栽培の発展においても、またイタリア史でも重要な場所であるグリンザーネ・カヴール城が含まれました。
ユネスコサイト

ピエモンテの葡萄畑の景観:ランゲ・ロエロ・モンフェッラート

ピエモンテの葡萄畑の景観

バローロ村のあるランガ地区
La Langa del Barolo

所在地:トリノの南72km
世界的に有名な赤ワインバローロ用の葡萄ネッビオーロ種を主に栽培しています。バローロワインの生産者も多く、その中には、サヴォイア王家ゆかりのフォンターナフレッダやバローロの名家ファッレッティ家など、この地のワイン造り発展に寄与した業者も多くいます。

バローロBarolo、カスティリオーネ・ファッレットCastiglione Falletto、セッラルンガ・ダルバSerralunga d’Alba の中世集落には今も立派な城が建っています。

バローロ村のあるランガ地区

グリンザーネ・カヴール城
Il Castello di Grinzane Cavour

所在地:トリノの南東74km
後に 19 世紀イタリア王国初代首相をつとめたカミッロ・ベンソ・カヴール伯爵の居城。
ここはピエモンテ赤ワインの技術改良のための初の実験的取り組みがされてきた場所。

今や城と周辺の丘陵地は、ランゲ・ロエロ・モンフェラートワイン事業施行地域のワイン文化や歴史を知る上で代表的な場所ともなっており、カヴール城内部は、ワイン展示場及び博物館もあり、また様々な催しも行われています。

グリンザーネ・カヴール城

バルバレスコ村の丘陵地
Le Colline del Barbaresco

所在地:トリノの南東57km、アスティの南西28km
バローロ同様に世界的に有名な、長期熟成赤ワイン、バルバレスコ用のネッビオーロ種を栽培する葡萄畑が広がります。中世の塔が象徴的なバルバレスコ村やネイヴェNeive 村などの中世集落や周辺の美しい丘陵地帯には、多くのワイナリーやワイン展示場があります。

バルバレスコ村の丘陵地

ニッツァ・モンフェッラートとバルベーラ
Nizza Monferrrato e il Barbera

所在地:トリノの南東82km、アスティの南東28km ジェノヴァの北西106km
DOCG バルベーラ・ダスティ地域内にあるニッツァ周辺にはバルベーラ種の葡萄畑が広がり、ピエモンテでも有名な赤ワインの生産地。ベルサーノ・ワイン博物館ではワイン栽培作業・文化、農民の知恵を伝える数々の展示物があります。ニッツァ・モンフェッラートはバルベーラの都ともいえる街であり、伝統商業により強い結びつきを持った中世居住圏として稀な一例ともなっています。

ニッツァ・モンフェッラートとバルベーラ

カネッリ村とアスティ・スプマンテ
Canelli e l’Asti Spumante

所在地:トリノの南東92km、アスティの南29km
DOCG アスティ地域内にあるカネッリでは主に白マスカットを栽培し、スパークリングワイン・アスティAstiを生産。海外への輸出量も多い。市街地はランゲ・ロエロ・モンフェッラート地域の伝統的なスプマンテ事業施行地域として19 世紀半ばから活動を始めていました。

スプマンテ製造には、通称“地下大聖堂 cattedrali sotteranee”と呼ばれる壮大なスペースが地下に存在し、今回のユネスコ登録では建築学的に重要な位置を占めている点のひとつです。また中世集落カロッソCalosso にはクルティンcrutin とよばれるこの地独特の家庭貯蔵建物を利用したワインセラーがあります。

カネッリ村とアスティ・スプマンテ

モンフェッラートの“インフェルノット”
Il Monferrato degli Infernot

所在地:トリノの東85km、アレッサンドリアの南西24km
“インフェルノット“とはバッソ・モンフェッラート地域特有の地質層の岩を掘った地下ワインセラーのことで、このエリアに普及していることが特徴。まさに庶民の知恵の結晶でもあり、石材の採掘場がある小高い山に点在する集落がこのエリアに含まれまれています。バルベーラ・デル・モンフェッラートDOCG ワイン用のバルベーラ種葡萄畑やピエモンテ種のその他の葡萄畑とも接しています。

モンフェッラートの“インフェルノット