イタリアの旅:世界遺産を巡る

ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティ

ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティ

Sacri Monti del Piemonte e della Lombardia

所在地:ヴァラッロ・セジア(ピエモンテ州 ミラノの北西100km・写真参照)、クレア(セッラルンガ・ディ・クレア、ピエモンテ州 アレッサンドリアの西40km)、オルタ・サン・ジュリオ(ピエモンテ州 ストレーザの南西28km)、ヴァレーゼ(ロンバルディア州。ミラノの北56km)、オローパ(ピエモンテ州ビエラの北西13km)、オッスッチョ(ロンバルディア州 コモの北26km)、ギッファ(ピエモンテ州 ストレーザの北22km)、ドモドッソラ(ピエモンテ州 ストレーザの北西32km)、ヴァルペルガ(ピエモンテ州 トリノの北38km)
登録年:2003年

ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティ

ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティ

ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティ

「サクリ・モンティ」とは「サクロ・モンテ」の複数形で、「聖なる山」を意味しています。16世紀後半から17世紀にかけてオスマントルコの脅威でエルサレムに巡礼に行けないキリスト教信者の巡礼のため、山に数多くの礼拝堂や聖堂が建てられました。登録された北イタリア9箇所のサクロ・モンテはどれも参拝地として神聖な雰囲気をもっているだけでなく、丘、森、湖といった自然環境と建築物群が美しく調和し、建物内部の宗教壁画・木彫・塑像の芸術性も大変高く、建築・芸術と自然を見事に融合させた成功例です。
ユネスコサイト

ピエモンテとロンバルディアのサクリ・モンティ

主要スポット

9か所に点在する参拝地の中で、主要観光地からアクセスしやすいスポットをご案内いたします。

ヴァラッロ・セジア
15世紀終わりにカイミ神父により造営された最初のサクロ・モンテ。キリストの生涯の様々なシーンを壁画や彫像で再現した45の礼拝堂を順に廻り、キリストの受難を追体験できるかのような劇的な空間です。
アクセス:ミラノ、トリノから列車で、ノヴァーラ(Novara)乗り換えで、ヴァラッロ・セジア駅下車。所要時間は約2時間。サクロ・モンテへは、市内からロープウェーか徒歩で。

ヴァラッロ・セジア

   

オルタ・サン・ジュリオ
オルタ湖の湖畔から1.5km坂を登り、高台の上に、聖フランチェスコの生涯を再現する20余りの礼拝堂群が緑の敷地の中に建っています。湖やサン・ジュリオ島の眺めも素晴らしい。
アクセス:オルタ湖の湖畔。ミラノ、トリノから列車でノヴァーラ乗り換え。所要時間は約2時間10分。夏季の間は、マッジョーレ湖のストレーザからアクセス可能。運行はSafduemila社バス。

us-35sp3_02

オローパ
アクセス:ミラノ、トリノから列車でノヴァーラまたはサンティア乗り換え。所要時間約1時間30〜50分。最寄り駅はビエッラ・サン・パオロ(Biella S.Paolo)。

ドモドッソラ
アクセス:ミラノから列車で約1時間20分。