イタリアの旅:世界遺産を巡る

シラクーサとパンタリカ岸壁墓地遺跡

作成:Italia.it

シラクーサとパンタリカ岸壁墓地遺跡

Siracusa e le necropoli rupestre di Pantalica

所在地:シラクーサとその近郊(シチリア州)カターニアの南59km
パンタリカ古墳はシラクーサから西に50km
登録年:2005年

紀元前8世紀にギリシャ人植民地が建設されたシラクーサは、当時キケロが「最も偉大で美しいギリシャ都市」と賞賛したように繁栄をみせました。
今もこの街にはギリシャ劇場、ローマ劇場など当時の遺跡や、後に教会に改修されたアテネ神殿跡がみられるドゥオーモなど、その後次々とシチリア島を支配した文明と歴史の跡が数多く残っています。

シラクーサとパンタリカ岸壁墓地遺跡

シラクーサとパンタリカ岸壁墓地遺跡

古代ローマ円形闘技場/大聖堂

パンタリカは原始時代のシチリアの重要地のひとつであり、周辺一帯の地域の中心として栄えました。ネクロポリとよばれる古墳には、岩肌に洞窟のように掘られた500以上の墓があり、そのほとんどは紀元前13〜7世紀のもの。また周辺にはビザンティン時代のものとみられる遺跡が、アナクトロンとよばれる王宮跡地のそばに残っています。
ユネスコサイト

見どころ:5世紀のアテネ神殿を改修したドゥオーモ、ギリシャ劇場、ローマ劇場、州立考古学博物館など。また、郊外のパンタリカには、原始時代のネクロポリが残ります。

主要スポット

オルティージャ島内
伝説の泉/女神ダイアナの噴水/サンタ・ルチア・アッラ・バディア教会
ドゥオーモ(大聖堂):現在でも外部・内部からギリシャ神殿の一部だった柱を観ることができます。
開館:
 毎日8:00〜19:00 *季節により変更あり

サンタ・ルチア・アッラ・バディア教会(カラヴァッジョの絵画“聖ルチアの埋葬”が飾られています)
開館:通常は火〜日曜 11:00〜16:00
 ※時期により短縮する可能性があるため要確認。

考古学地区
ギリシャ劇場/ヒエロン2世の祭壇/ディオニュシオスの耳

ネアポリス考古学公園(ギリシャ劇場、ディオニュシオスの耳、古代ローマ円形闘技場など)
開館:
 毎日9:00〜18:00  チケット売り場は17:00まで

パンタリカ岩壁墓地遺跡
開館:
 毎日7:00〜19:00 土日はガイド付きツアーのみ要予約
 ※冬期はチケット売り場が分かりずらいため、注意が必要です。

便利リンク

シラクーサ観光局

アクセス

シチリア南東部にあるシラクーサへは、カターニアからが便利でバスで約1時間20分。運行バス会社はInterbus社。列車でもカターニアから約1時間15分。