イタリアの旅:世界遺産を巡る

16-17世紀ヴェネツィア共和国建造の軍事防御設備

16-17世紀ヴェネツィア共和国建造の軍事防御設備

Venetian Works of Defence between 16th and 17th centuries: Stato da Terra – western Stato da Mar
Opere di difesa veneziane tra il XVI ed XVII secolo: Stato di Terra – Stato di Mare occidentale

2017年ユネスコ世界遺産として、新たにイタリア、クロアチア、モンテネグロにある、15-17世紀にヴェネツィア共和国が建造した軍事防衛設備が、3国で共同登録されました。
イタリアのロンバルディア州からアドリア海沿岸へ1000km以上にわたる範囲に点在しています。これら防衛拠点はヴェネツィア共和国の勢力拡大と権威を示すため必要でした。『内陸支配地西側Stato da Terra occidentale』に建造された防御軍事施設は他の北西ヨーロッパ諸国からヴェネツィア共和国を守り、また『海沿岸支配地Stato da Mar』に築かれた軍事設備は、中東諸国から、ヴェネツィアのアドリア海ルートや港を守りました。
火薬の改良による武器の発達で、軍事技術・建造物は従来のものから変化し、当時の近代的軍事要塞デザインは、ヨーロッパ中に広がりました。
今回登録された世界遺産は、イタリアでは、ベルガモ、ペスキエーラ・デル・ガルダ、パルマノーヴァの3つの街です。
1.要塞化都市ベルガモ Fortified city of Bergamo
2.要塞化都市ペスキエーラ・デル・ガルダ Fortified city of Peschiera del Garda
3.要塞軍事都市パルマノーヴァ  City Fortress of Palmanova

ユネスコサイト

16-17世紀ヴェネツィア共和国建造の軍事防御設備

16-17世紀ヴェネツィア共和国建造の軍事防御設備

見どころ

ベルガモ Bergamo
(ロンバルディア州 ミラノの北東45㎞。列車で45分から1時間)
ベルガモ15-18世紀にベルガモを支配したヴェネツィア共和国は、アルプスを背後に控えた軍事的重要地でもあるこの街の防御のため、山の手の街を囲む高い城壁を16世紀に建造しました。 その城壁に囲まれた現在のチッタ・アルタ(上の町)。城壁には4つの門があり、そのうちのひとつ、サン・ジャコモ門を入って左右に延びる『城壁通りViale delle mura』からからは、チッタ・バッサ(下の町)などの素晴らしい眺めを楽しめます。 (上と下の街はケーブルカーでも結ばれています。)
城壁内の歴史芸術的見所は、ヴェッキア広場やドゥオーモ広場周辺で、ラジオーネ館の16世紀のバルコニーの上にはヴェネツィア共和国のシンボル「サン・マルコの獅子」が有ります。また、サンタ・マリア・マッジョーレ教会や、コッレオーニ礼拝堂内部もヴェネツィア支配時代の素晴らしい装飾や・芸術作品で必見です。
サンタレッサンドロ門から城壁を出ると、ベルガモ生まれのオペラ作曲家ドニゼッティの博物館があります。また門の外から出ているケーブルカーから徒歩でさらにサン・ヴィジリオの丘に登っていくと、ヴェネツィア支配以前の昔から、アルプスへの重要拠点であったため建造された城や櫓跡があり、街や平野、アルプスの眺めが広がります。
ベルガモ観光局

ペスキエーラ・デル・ガルダ Peschiera del Garda
ガルダ湖畔に築かれた要塞とブレシャ門ガルダ湖畔に築かれた要塞とブレシャ門
(ヴェネト州 ヴェローナの西29km ガルダ湖南東。
ミラノ、ヴェネツィアからどちらも約140km、列車で約1時間半)
ガルダ湖南東端、ミンチョ川河口に位置するペスキエーラ・デル・ガルダは、古代ローマの学者やダンテの書にも登場する街。16世紀にヴェネツィア共和国が五角形の軍事要塞を建造し、その後の時代も、ナポレオンやオーストリアが改修増設しながら要塞都市としての歴史を辿りました。
現在は湖畔リゾートとして明るくオープンな佇まいですが、今もヴェネツィアが築いた城塞南側の古いブレシャ門、や防御軍事施設跡、ヴェローナ門や橋、また外側から城塞堡塁などを見ることが出来ます。
ペスキエーラ観光局

パルマノーヴァ Palmanova
パルマノーヴァフリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州 トリエステの北西55km(列車で46分)  
ヴェネツィアの北東112km(E70道路で1時間15分)

ヴェネツィア共和国が、16世紀にトルコやオーストリアに対抗する東方国境線防備のため、フリウリ低地の平原に建設した完璧な星形をした要塞都市。上空からみると、9つの尖頭を持つ劇的な星形の城塞都市であることがわかります。
9つの尖頭の間と、さらに外側にも三角の土塁が築かれ、その砲台からどの方向からの攻撃にも挟み撃ちで街を守れる理想の防御体制がとられました。砲台のあった土塁と、要塞内の街とはいくつもの地下通路で結ばれており、街は一度も攻められることがありませんでした。
鉄道駅のある街の外側は田園地帯で、土塁を見ながら進み、ウディネ門など、3つの城門(記念建築物)から街の中へと入場すると景色が一転します。
城壁で囲まれた街の中は、星形の中央にある6角形のグランデ広場、そして広場から放射状に6本の道路が延び、美しいルネッサンス的な理想の街が形成されています。 グランデ広場には、大聖堂、市の歴史博物館、軍事史博物館、18世紀に作られたヴェネツィア共和国施政官の彫像、カフェなど建ち並んでいます。
 
フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州観光局サイト
当局サイト
参考サイト