イタリアの旅:世界遺産を巡る

ヴェネツィアとその潟

ヴェネツィアとその潟

Venezia e la sua Laguna

所在地:ヴェネツィア(ヴェネト州) 
登録年:1987年

ヴェネツィアは5世紀にアドリア海の干潟(ラグーナ)に築かれ、街は実に118もの小島から成り、数多くの橋でつながります。10世紀には強力な海運共和国として貿易で栄えた輝ける歴史をもち、街全体と潟が世界遺産に登録されています。
共和国の要でもあるドゥカーレ宮殿やサン・マルコ大聖堂、大運河沿いに連なるカ・ドーロ等貴族の館はもとより、小さな建物に至るまでヴェネツィア全体が建築的な大傑作ともいうべき美しさ。またティツィアーノ、ヴェロネーゼ、ティントレットなど世界的に有名な画家達の作品が建物内部をさらに華やかに飾っています。

ヴェネツィアとその潟

ヴェネツィアとその潟

ヴェネツィアとその潟
ヴェネツィアとその潟
車は街の入口までしか入れず、街中の移動手段は船か徒歩だけで、迷路のような小道や運河が情緒をいっそうかもしだしています。
ユネスコサイト

見どころ

黄金のモザイクが威厳を放つサン・マルコ大聖堂(Basilica di San Marco)、ドゥカーレ宮殿(Palazzo Ducale)や鐘楼のあるサン・マルコ広場(Piazza San Marco)、溜息の橋(Ponte dei sospiri)、リアルト橋(Ponte Rialto)、ヴェネツィア派絵画の多いアカデミア美術館(Galleria dell’Accademia)など。

ため息橋

ため息橋

   

特にサン・マルコ大聖堂は、入場に長い列を作ります。希望日時を予約されて訪れたい方には、事前の予約がお勧めです。
サン・マルコ大聖堂、鐘楼公式サイト

サン・マルコ大聖堂

サン・マルコ大聖堂

   

その他、大運河(Canal Grande)沿いの館カ・ドーロ(Ca’ d’Oro)やリサンティッシマ・ジョヴァンニ・エ・パオロ教会やサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会をはじめ、街並みすべてが見所といえるでしょう。また近くのヴェネツィアン・グラスで有名なムラノ(Murano)島、カラフルなかわいい家が立ち並ぶブラノ(Brano)島、海水浴場が広がるリゾートノ島リド(Lido)島等にもぜひ足をのばしてみましょう。

運河をゴンドラで。

運河をゴンドラで。

アクセス

他の街からアクセスする場合は、トレニタリア社、NTV社の列車での移動。本島の駅はヴェネツィア・サンタ・ルチア(Venezia S.Lucia)駅。
ヨーロッパ各地からの場合は、ヴェネツィア空港が便利。ローマ広場までATVO社バスで約20分、ACTV路線バスで75分。Alilaguna社の船も空港からサン・マルコやリアルト他へシャトル船を運航。
アリタリア航空により、2014年4月から、日本・成田〜ヴェネツィア直行便も運行。
 

*ヴェネツィアの交通事情 :車は街の入口にあるローマ広場(Piazzale Roma)までしか入れません。車は街の入り口までしか入れず、街中の移動手段は運河を運行する水上バス(ヴァポレット)、水上タクシー、ゴンドラ等の船利用か徒歩になります。 (リド島は車、バス運行有)
ヴェネツィア・マルコ・ポーロ空港
ACTV:ヴェネツィア本島を走るヴァポレット(水上バス)
ALILAGUNA:ヴェネツィア本島空港を結ぶ水上シャトル船運行
ATVO:ヴェネツィア本島(ローマ広場)と空港を結ぶバス運行

ヴェネツィアとその潟