galleria-nazionale-delle-marcheティツィアーノの傑作のひとつ、1538年に描いた作品「ウルビーノのヴィーナス」。
現在はフィレンツェのウッフィツィ美術館に所蔵されていますが、約400年を経てようやく、マルケ州にティツィアーノ作「ウルビーノのヴィーナス」が一時的にその生まれ故郷へ戻ります。

≪期間≫
2016年9月6日~2016年12月18日

≪料金≫ 6.5€
≪時間≫ 8:30-19:15
≪場所≫ ウルビーノ、パラッツォ・ドゥカーレ(ドゥカーレ宮殿)内国立美術館

≪アクセス≫

トレニタリア社でペーザロまで。
そこからAdriabus社にて移動。
ファーノ>ペーザロ>ウルビーノ線(冬時刻表)
休日用バス時刻

情報元:国立美術館公式サイト(現在イタリア語のみ)

本サイトあるいは本サイトに包括されているサードパーティーの媒体は、クッキーポリシー内に記載された機能及び目的達成のために必要となるクッキーを利用します。
さらなる詳細を確認する、あるいは、関連する一つあるいはいくつかのクッキーへの承認を無効にするには、クッキーポリシーをご参照ください。
このバナーを閉じる、本ページをスクロールする、リンクをクリックする、あるいはその他方法でのナビゲーションに従うと、クッキー使用を許可したことになります。