オンラインでイタリアの春をたのしむ!2021 トップへ

スポット

ボッローメオ諸島(マッジョーレ湖)

ピエモンテ州

15~18世紀の間、Maggiore湖は封建的所有地としてBorromeo家によって統治され、一家が休暇のたびに訪問。
今やボッローメオ家の代表的な宮殿となりました。
ベッラ島やマドレ島にある壮大な邸宅や完備や公園や庭園は、19世紀から20世紀初頭にかけて世界中に知られるようになりました。

当時、ヨーロッパ大陸巡遊旅行の停泊地としてマッジョーレ湖を選んだ19世紀20世紀のヨーロッパの小説家や音楽家らに、非常に高く評価されました。今回紹介するベッラ島の庭園には、真っ白な孔雀にも出会うことができます。

  • 協力:
  • 湖水地方観光局


  • 協力:
  • ピエモンテ州観光局