オンラインでイタリアの春をたのしむ!2021 トップへ

スポット

パドヴァ大学植物園

ヴェネト州

植物園の入り口を白と赤で彩るのは、モクレン。真っ赤に輝くのはチューリップ。
世界遺産の植物園で楽しめる春。それまで目に見えていた庭園の幾何学模様の石部分などが、新芽を出した植物で覆われ、新しい命を感じることができます。
1500年代に造られた植物園を囲む壁も、カラフルな花が咲き乱れ、とてもにぎやか。

甘い香りを放つのは、水に浮かぶスイレンの花。
そして3月半ばごろにカワイイ花を咲かせるのは、エーデルワイス。
われわれにも身近なサクラの花と、植物名に日本がついたクサボケ(Chaenomeles japonica)の花も、春の植物園を彩ります。

  • 協力:
  • パドヴァ大学植物園 Orto Botanico - Università degli Studi di Padova