2020.06.18

《公演チケット振替についてお問い合わせいただきましたお客様へ》

2020年3月以降、イタリアへのご旅行を予定されていたお客様がご予約されていた公演チケット(新型コロナウィルスへの衛生対応のためにキャンセルされたチケット)に関するご質問が相次ぎました。

現地より、本件に関しまして、公演主催者などに対する措置(救済措置に関する法律)についての連絡がありましたので、ご案内申し上げます。
*チケット保有者には公演主催者より、予約された際に利用されたメールアドレスにご案内が既にお手元に届いていらっしゃる方もあるかと思います。
詳細は、各自と主催者とのやり取りとなりますので、御参考になれば幸いです。

<今回の新型コロナウィルス(COVID-19)による緊急措置についてのご案内>
2020年5月19日第34条に基づく措置が決定され、2020年5月19日付官報第128号に公示されました。
新型コロナウィルス(COVID-19)による衛生上の緊急措置によりキャンセルされた公演・リサイタルのチケット保有者に関する返金様式について、公演主催者は、既に販売されたチケットと同等の価値のあるバウチャーを発行するものとします。 
バウチャーは、発行から18カ月有効とし、消費者は、同バウチャーと同等あるいはその価値範囲内で、次回の上演のために使用することができます。
同法律は、当初2020年3月8日~4月15日の間にキャンセルされた公演に有効とされましたが、その後、2020年9月30日までの公演に対象期間を延長しました。
よって、イタリア現行法の措置により、各チケットの現金での返金は認められませんこと、ご了承ください。

【補足:一部の主催者からの情報】
多くの主催者案内(主にサイト上での作業となります)には、2つの選択肢があります。
– バウチャーをリクエスト
– チケット自体を寄付へ
バウチャーを申請しなかった場合は、補償となるバウチャー発行の対応へは進まず、お客様へのご案内送信日から30日以内に、その権利を失いますこと、ご了承ください。

また主催団体がそれ以外の補償が出来ないことも併せてご了承いただきますようお願いいたします。

旅をさがす