2020.10.23

2021年FISアルペンスキー世界選手権、コルティーナで開催

アルペンスキー世界選手権は、ウィンタースポーツではオリンピックに次ぐ重要なイベント。13の世界タイトルをかけ世界最高のスキーヤーがさまざまな分野で競い合います

次回は、2021年2月7日から21日まで、質の高いゲレンデやスポーツ設備を整えコルティーナで開催されます。2週間の大会期間中、70か国から600人以上選手が7つの競技に参加の予定です。
大会はライブテレビとデジタルメディアで世界中に放送されます。「トファネ」をはじめ、1974年以来常に女子滑降レースの主役として知られているドロミーティ地域の斜面に、30年間ぶり男子スキー競技のコルティナ復活となります。

2021年世界選手権は、スポーツだけでなく地域振興にも注目。この大会を機に、ゲレンデ、スキーリフト、ホテル、設備全般への一連の投資を開始し、 2021年以降もコルティナ市民や旅行者への遺産として残されます。

この世界選手権は、ミラノ・コルティナ2026冬季オリンピックを控え、コルティナが重要な国際スポーツの中心地であることを強く印象づけることなるでしょう。

【メディア・旅行業者の方へ】
記事・ツアー造成用のためのメディア・キットご希望の方は当局プレス担当者までお知らせ下さい。
 tokyo@enit.it

旅をさがす