2021.09.01

≪ナビゲーターはダンテ≫

インスタグラムでダンテがナビゲート≫
ダンテ・アリギエーリ。
1300年代に活躍した詩人は、イタリア語の父とも言われています。
今年2021年はダンテ没後700年、イタリア各地で様々なイベントが開催されています。

最高傑作とされる長編抒情詩「神曲」では、突然、森の中に迷い込んだダンテが、尊敬するウェルギリウスを案内人とし、地獄篇・煉獄篇・天国篇と未知の旅へと出かけることに。

「神曲」をイメージしたフィレンツェ大聖堂内にある絵画
コピーライト:Duomo. Foto Opera del Duomo di Firenze

各詩でダンテは、イタリア各地の地名を紹介しつつ、古代から中世の実在の人物と出会います。
時空の旅とも言えるこの長編抒情詩を通してダンテは、私たちに様々なメッセージを残しました。
厳しくも温かく、常に前を見据える勇気をくれることもあるその言葉。

本企画は、「現代に蘇ったら、ダンテはどこから何を発信する?」をコンセプトに、より分かりやすくイタリアと「神曲」の世界をナビゲートします。

その旅立ちからちょうど700年となる今、さあ、「神曲」の世界へ一緒に旅へ出かけましょう。

ダンテのインスタへGO!

≪おまけ≫
ダンテからインスピレーションを受けた作品は様々あります。
ダンテがタイプライターをたたいている姿が印象的なこのイラストも、多くのアーティストを刺激するダンテならではの世界観です。

コピーライト:Vie di Dante

≪予告≫
ダンテ没後ちょうど700年となる9月14日からは、ダイジェストサイトにてさらにパワーアップ。
少し深堀した旅情報と歴史もご紹介しつつ、クイズキャンペーンがスタートします。
情報は9月14日に更新、お楽しみに!

旅をさがす