2022.05.25

バーリで写真家アウレリオ・アメンドラ展覧会

イタリア写真界の巨匠の一人であるアウレリオ・アメンドラは、ルネサンス期を代表する芸術家、ミケランジェロ・ブオナローティによる彫刻の白黒写真、そして20世紀に活躍した現代アーティスト達のポートレート写真で世界的に知られるアーティストです。彼の60年以上におよぶ芸術活動をテーマにした展示会、 「アメンドラ・アンソロジー展:ミケランジェロ、ブッリ、ウォーホール」 が、バーリの人気観光スポットの一つであるスワビアン城にて、本年6月25日まで開催されています。

「アメンドラ・アンソロジー展:ミケランジェロ、ブッリ、ウォーホール」 では、アメンドラの代表作とも言えるミケランジェロ彫刻の白黒写真に加え、ブッリ、ウォーホール、クッキ、クネリス、リヒテンシュタインなど、 20世紀の現代アート作家達のポートレート写真、合計200点以上の作品がご覧いただけます。この展示会は、アメンドラの出身地であるピストイアのピストイア美術館にて昨年初めて開催されたものです。

アウレリオ・アメンドラは、 15世紀ルネッサンス時代に生まれた芸術作品と、 20世紀の現代アーティスト達という全く異なる時代のモチーフを写真という芸術表現をつかって見事に捉えた、現代を代表する卓越した写真家の一人と云えます。

★展覧会関連ウェブサイト(プーリア州観光局)


展覧会が開かれるバーリの景観 ©Joe Vitone

旅をさがす