2021.12.03

≪12月3日更新≫旅行者向け情報:ローマ市の屋外でのマスク着用義務化

イタリアでも新たな新型コロナウイルス感染防止のための措置がとられています。
12月3日に届いた在イタリア日本大使館からの新型コロナウイルス対策に関する最新のお知らせをご案内します。

『新型コロナウイルス感染拡大防止のためのローマ市の措置:屋外でのマスク着用義務化』
●ローマ市公式HPによれば、1日、ローマ市長が屋外でのマスク着用義務化に係る命令に署名しました。
マスク着用義務の導入は12月4日(土)0時から12月31日(金)24時までとなっており、着用義務が明示されている場所は以下のとおりです。6歳未満の子供、マスク着用に適さない疾患や障害を持つ者、スポーツ活動中はこの義務の対象外です。

【ローマ市中心部】
コルソ(Corso)通り、リペッタ(Ripetta)通り、バブイーノ(Babuino)通り、サンロレンツォ・イン・ルチーナ(San Lorenzo in Lucina)広場、パルラメント(Parlamento)広場、サン・シルヴェストロ(San Silvestro)広場、キージ(Chigi)広場、カルロ・ゴルドーニ(Carlo Goldoni)広場、スペイン(Spagna)広場、ポポロ(Popolo)広場、クローチェ(Croce)通り、コンドッティ(Condotti)通り、ボルゴニョーナ(Borgognona)通り、フラッティーナ(Frattina)通り

【ショッピング通り】
コーラ・ディ・リエンツォ(Cola di Rienzo)通り、マルカントニオ・コロンナ(Marcantonio Colonna)通り、ファビオ・マッシモ(Fabio Massimo)通り、コーラ・ディ・リエンツォ(Cola di Rienzo)広場、オッタヴィアーノ(Ottaviano)通り、ジュリオ・チェーザレ(Giulio Cesare)通り、カンディア(Candia)通り、リビア(Libia)通り

●市長命令によると、以上の場所のみならず、ソーシャルディスタンスが確保できないような混雑が確認されるあらゆるゾーン(人の多い通り、集会場所、市場、クリスマス市、見本市、展覧会、クリスマス関連イベント)でもマスク着用義務が適用されます。命令に違反した場合の罰金は400ユーロから1000ユーロとのことですので、外出時には十分ご注意下さい。
(問い合わせ先)
○在イタリア日本国大使館
電話:06−487991(領事部)

旅をさがす