2022.07.25

ヴァッレ・ダオスタ州でワーケーションはいかが?


モンテ・ビアンコ(モンブラン)、モンテ・チェルヴィーノ(マッターホルン)など、ヨーロッパが誇る4千メートル級の名峰に囲まれ、高速インターネット接続環境も整っているヴァッレ・ダオスタ州観光局では、州内の 「スマートワーク」に相応しい滞在地などをリストアップした「スマートワーク」ウェブサイトを開設し、世界中からの「デジタルノマド(IT技術を活用し国内外を旅しながら働く人々)」や「スマートワーカー」の集客を図っています。同ウェブサイトからは直接滞在先の予約することも出来るようになっています。

ウェブサイトに掲載されている滞在先の中には近代的なホテルのみならず、緑に囲まれたコテージような宿泊施設や、またクールマイユールからモンテ・ビアンコ登頂のためのロープーウェイ「スカイ・ウェイ」の中間駅「Pavillonパヴィヨン(標高2,173メートル)」と頂上駅の「プンタ・エルブロンネルPunta Helbronner(標高3,466メートル)」といったユニークな場所で、モンブランの圧巻の景観を慈しみながら仕事や勉強をするためのスペースを、事前に予約することも可能です。

同州はフランスおよびスイスと国境を接する、イタリア国内で最も小さな州です。クールマイユールCourmayeurやチェルヴィニアCerviniaなどの世界的に有名な山岳リゾート地もあり、冬はスキーに、夏は登山やハイキングにと、日本をはじめ世界中から毎年数多くの観光客が訪れます。また、初代皇帝アウグストゥスによって作られ「アルプスのローマ」と呼ばれた州都アオスタには、現在でも街中に数多くのローマ遺跡が残されています。

ヴァッレ・ダオスタ州の魅力
ヴァッレ・ダオスタ州「スマートワーク」のウェブサイト(英語、イタリア語、フランス語): 

旅をさがす